2009/11/23

オオホウカンチョウ



コスタリカでは限られた場所でしか見られなくなった、オオホウカンチョウ。ホウカンチョウ類は森林伐採や狩猟が原因で、南米でも個体数が減少しています。普通(容易)に観察できる国はなくなりました。

黄色いこぶや、カールした冠羽がオシャレです。


関連記事
    
2009/11/22

ご近所にいただいた蘭



現在、蘭を三鉢(+写真の種)育てているのですが、これはご近所にいただいた地植えの蘭です。最初の頃は定期的に液体肥料を与えていたのですが、全然成長している兆しが見えず、そのうち放置状態に・・・・。

数ヵ月後、いつのまにか花茎が伸び、つぼみが六個ほどできていました!(*^▽^*)蘭に詳しい方に聞いてみたのですが、種の限定には至りませんでした。なにせ三万種+増え続けている園芸種・・・・、気が遠くなる数ですね。

二年越しにできたブロメリア(アナナス)の赤い苞など、忘れていた植え木が、その存在をアピールしている今日この頃です。


関連記事
    
2009/11/09

チャボウシチャツグミ





「原色の鳥には興味がない、好まない」という方もいるので(私的にはちょっと驚き)、今回は地味な色合いの鳥をアップしてみます。

日本にもいそうな鳥なので、親近感がわくかもしれません。

撮影後に気が付いたのですが、目上に腫瘍のようなものが・・・・。

和名に茶と二回付くので、早口で10回ほどいうと、舌噛みそうです。あぅぅ!(´Д`)

後一月ほどで乾季。本格的な探鳥ツアーのシーズン到来です!


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/