2009/09/28

ギンノドフウキンチョウ



最近、まともに撮影していないので、在庫から一枚貼ってみます。

ギンというよりシロノドですが、綺麗な鳥さんです。

生息エリアに行けば、普通に観察できます。餌台にバナナやパパイヤを置いておけば、ウジャウジャ来ることも。小さな餌台に十数羽が群れていた時には、その美しさにもかかわらず、有り難味もなし?


関連記事
    
2009/09/20

コスタリカキビタイシマセゲラ



隣人の裏庭(とても広い!)にスピックスコノハズクが居座っているようで、二日連続で声が聞こえました。仕事柄なのか声(音)に敏感で、その後は気になって寝られなくなる・・・・。

日中に二階のバルコニーから見つかるかもと思ったのですが、それほど甘くありませんでした。

残念賞のコスタリカキビタイシマセゲラです。目の前に枯れ木が一本あり、毎朝姿を見せてくれます。時にはクマゲラもとまります。


関連記事
    
2009/09/16

エレファスゾウカブトムシ



前回の更新記事にウミガメが見れず落胆、しかし、翌日に予期せぬ嬉しい出会いが・・・・と書きました。

その嬉しい出会いがエレファスゾウカブトムシでした。世界最大級のカブトムシだそうです。

グループ内にこのカブトムシを観たいお客さんが何人かいました(観光ガイドに写真が載っていた)。


前日に質問があり、「へっ?エレファスゾウカブトムシ?ヘラクレスオオカブトムシではなくてですか・・・・?」「私は野鳥専門なので・・・・。それに基本的に夜行性ですよね。見つけるのは難しいのでは・・・・」みたいな言い訳をしていました。σ(^◇^;;

翌日、次の探鳥地への移動中でした。「バナナのプランテーションがあるのですが、立ち寄りますか?バナナが箱詰めになるまでの過程が見れますよ」

普段の探鳥ツアーでは、観光する時間がないのですが、道路にゲートが降りて通行止めに(なんと、ゲートではなく、バナナを運搬するレールだった)。


こうして、バナナ見学となる・・・・その時、お客さんの一人からすごく興奮した叫び声が!!道端で観光客相手に飲み物を売っているおじさんがいて、見世物として、巨大なエレファスゾウカブトムシが!!!

たとえ、見世物としての個体とはいえ、予期せぬ出会いに盛り上がりました。(*^▽^*)

翌朝、宿泊先の食堂ではメスの個体(こちらは自然)にも遭遇しました。


関連記事
    
2009/09/03

コスタリカのアマゾン



コスタリカのアマゾンとも呼ばれている、トルトゥゲーロです。複雑に入り組んだ水路をボートで移動します。ウミガメの産卵地として世界的に有名で、国内で一番最初に国立公園に指定されました。

先月のツアー日程で、このトルトゥゲーロ訪問が含まれていました。探鳥ツアーでは滅多に訪問しません。なぜなら、陸路で入れず、移動時間がすごく掛かるからです(雰囲気はいいのだが、探鳥地としてはいまいち)。今回はお客さんの希望での例外でした。

ちょうど、アオウミガメの産卵時期のピークで、ほぼ全員が夜のウミガメ・ツアーに参加しました。保護区内は勝手に移動できず、ウミガメ専門のガイドが産卵のためにあがって来る個体を探します。その間、我々は暗い場所でひたすら待ちます。

我々のグループには二時間の枠が与えられ、その時間が過ぎれば次の団体客が来ます。暗がりでお客さんと世間話をして待ちますが、時間だけが過ぎていきます。

「繁殖のピークなのに、直ぐに見つかるものではないんですね~」「意外と芝居をうって、時間ギリギリまで待たせているのかも・・・・」

時間ギリギリになって、ようやく一個体が見つかったという知らせを受け、その方角へ移動します。そして、その場に到着したのですが、予想外の展開が!

「産卵状態に入るまで、まだ時間が掛かりそうな様子。産卵を始めないと、規則によりお客さんに見せられない。残念ながら時間切れです」「ふ、ふざけるな~~~!!!」お客さんにはホント申し訳なかったです。(ノTдT)ノおおおおおおお

翌朝、個体数の少ないオオホウカンチョウを見つけ、移動時にカワウソ(デカイです)を見れたのが、せめてもの救いでした。また、午後には予期せぬ嬉しい出会いがありました(ウミガメではない)。それはまた次回の更新にて。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/