2008/06/27

コスタリカの金細工 w( ̄Д ̄;)wワオッ!!







コスタリカに引越して五年がたちました。仕事以外でも熱帯雨林や熱帯雲霧林で野鳥を追い続け、流石にマンネリ気味。

週末に同行させられる妻もウンザリしているようで、「どこか他の場所にも行きた~い」とご乱心。\(≧∧≦)/ムカッ!!

妻が夏休みに入ったので、金の博物館に行って来ました(無理やり連れて行かれた、が正しい)。

前コロンビア期(紀元前900年から紀元前300年頃)の金細工の装飾品などが展示されてました。

元々、コスタリカの「リカ」は「金」を示唆しています。1502年にコロンブスが上陸した際、遭遇した先住民が金の装飾品を身に付けていたそうで=「金が豊富にある」。それで「コスタ=海岸、リカ=豊かな(金)」と令名された、となっています。

鳥や動物をモチーフとした装飾品は権力の象徴でもあり、シャーマンなど上位階級者の持ち物だった・・・・なるほど、今日は色々と勉強になりました。φ(.. )メモメモ

ちなみに、金細工の技術は南米コロンビアからもたらされ、その前は翡翠細工が一般だったそうです。こういった流れから、次回は翡翠博物館に行く羽目になりました。(T△T)アウ・・・

最初は嫌々ながらも、自然以外のコスタリカを知るのも大切だ、とチョッピリ思いました。

他にも撮影した装飾品がありますが、またの機会にでも。

館内はフラッシュ禁止だったので、ピントが少しあまいです。


関連記事
    
2008/06/22

ウスグロノドツナギガエル



英名はMasked Treefrogでニカラグアからエクアドルにかけて生息しているようです。七センチくらいあるので、好き嫌いが分かれそう。

国立公園入り口にあるトイレ脇にいました。しばらく観察してましたが、弱々しくしか動きませんでした。外傷も見当たらなかったのですが・・・・。

和名にあるノドツナギって・・・・?(・-・)?はて


関連記事
    
2008/06/20

コスタリカの牛車その2





以前も掲載しましたが、コスタリカの象徴ともいえる牛車(カレータ)です。オオハシやコンゴウインコは描かれているのに、ケツァールがいないぞ。

カレータを国中から集めて展示したら、楽しそうだと思いませんか?ナマケモノとかヤドクガエルのカレータもある?

以前掲載したカレータ


関連記事
    
2008/06/12

Bandera de España



Bandera de Españaを訳すと「スペインの国旗」となるのですが、ネットで検索すると別の花が出てきます。園芸店ではそう書かれてあったのですが、名前が違うかもしれません(スペイン国旗の黄色とか入ってないし・・・・)。英名も和名も全く不明。(・-・)?はて

買った時は30cmくらいの苗木だったのですが、今では二メートルを軽く超すまで成長しました。実は蔓性の植物だったようで、支柱を立ててからはスクスク伸びました。

新規投稿する度に、ゲストブックとコメント欄に迷惑な書き込みがあるのですが、これらを防止する機能ってあるのでしょうか?

ams_dipさんのコメント後、検索したら迷惑コメントに関する記事がウジャ、ウジャ出てきました。取り敢えず、外部からのコメントが圧倒的なようなので、ゲストブックやコメント欄は「ログインしている方」のみに変更しました。


これでも書き込みがあった場合は、ヤフーブロガーな訳ですから、IDを調べて通報するしかないみたいです。それはそれで面倒・・・・。

迷惑コメント撃退!!☆○(゜ο゜*)o ぱ~んち

クマツズラ科のゲンペイクサギ(ゲンペイカズラ)だと分かりました。グアバさん、ありがとうございました!m(。・_・。)m


関連記事
    
2008/06/09

クリガシラオオツリスドリ



上嘴が目の上までのびているので、かなりユニークな印象を受けます。声も変だし・・・・。

最近、撮影ごぶさたしています。家のバルコニーからでも色々な野鳥を撮影できるのですが、機材出すのも面倒。当分は怠けが続きそうです。

飽き性なので、見慣れた被写体に魅力を感じないのが理由、と勝手に分析しているのですが・・・・。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/