2007/11/29

ニショクキムネオオハシ



先日のツアーで撮影したニショクキムネオオハシのつがいです。サンショクキムネオオハシは距離が遠くて、撮影チャンスを逃してしまいました。このつがいは非常に協力的だったようです。

私は別の場所で一部のお客さんとトキイロコンドルを観察していました。戻ってみると、残りのお客さんはニショクキムネオオハシの撮影に夢中になっていました。

添乗員さんの写真を見せていただきましたが、愛撫しているシーンでした。もう、これ以上素晴らしいシーンは撮れないだろう、と思うほどの究極の一枚でしたね(私も撮りたかったな~)。

まだ、果実がたくさん残っているので、当分楽しませてくれそうです。


関連記事
    
2007/11/28

コスタリカの夜景



宿泊先のホテルから撮影した夜景。アメリカでもそうだったのですが、日本と違い、蛍光灯をほとんど使用しないコスタリカ。そのせいか夜景の色合いが全体的に温か味を帯びて見えるのは、私の偏見でしょうか?

ちなみに、悪天候だとよく停電します・・・・。(/▽\)


関連記事
    
2007/11/22

コミドリヤマセミ



全長十三センチしかない、可愛らしいコミドリヤマセミです。マングローブを巡るボート・ツアーの主役で、大勢のお客さんの目を楽しませてくれます。

今日からJTB撮影ツアーの第二回目。また、会えるかな?

さ~、荷造りしなくちゃ・・・・。


関連記事
    
2007/11/18

ズアカゴシキドリ デジスコでドアップ!! w(゚o゚)w オオー!



ズアカゴシキドリのドアップです。コスタリカに生息する野鳥の中でも、屈指の美しさだと思います。なかなか綺麗に撮れなかった鳥なので、かなり嬉しかったです。いかにも南国の鳥らしいでしょう?


関連記事
    
2007/11/16

Celosia cristata(ケイトウ)



ヒユ科で漢字では「鶏頭」と書くそうです。原産地が地中海沿岸だとか。

ハチドリが好きそうな花ばかり植えている私ですが、おもしろい形の花なので植えてみました。赤、オレンジ、紫、黄色など交互に植えると、見ているだけで心がウキウキします。


関連記事
    
2007/11/15

ボルチモアムクドリモドキ



アメリカ大リーグ、「ボルチモア・オリオールズ」のマスコットで有名な鳥です。宿泊先のお庭にいました。

昨今、探鳥ツアーでも撮影される方が急増しました。性能の良い一眼レフも手に届く価格になりました。私には届かないけど・・・・(笑)。

今回はツアータイトルも正式な「撮影ツアー」で、お客さんが満足のいく撮影ができるか少々心配でした。悪天候が続きましたが、皆さんケツァールやハチドリの撮影に大忙しでした。


関連記事
    
2007/11/08

ミドリハチドリ デジスコでドアップ!!w(゚o゚)w オオー!



「空飛ぶ宝石」の名に恥じない美しさ?ハチドリは雨が降っても、日中の暑い時間でも、いつでも観察&撮影できるのが嬉しいです。

これは先日のツアー、休憩時間にレストランの前で撮影しました。


関連記事
    
2007/11/07

ヘラクレスオオカブトムシ



以前、ヘラクレスオオカブトムシの居場所を知らないかと、日本のテレビ局から質問が来ました。コスタリカでも個体数は著しく減少しているし、ツアー中に見かける事も滅多ににありません。

夜なら来る場所を知っているのですが、テレビ局には教えませんでした。大抵の自然番組はやらせばかりで、生き物の扱いが酷いからです。


撮影目的のため弱って最後には死んでしまったアカヤドクガエルを見て以来、テレビ撮影班に抵抗があります。寝ているナマケモノは木をゆすって起こすし・・・・。


関連記事
    
2007/11/05

ケツァール(カザリキヌバネドリ)



久しぶりに撮影したケツァール。まだ十一月なので、上尾筒(腰から生えている羽)が短い個体もいるますが、この個体はなかなか見応えがありました。

折角、いい場所にとまってくれたのに、ピントがいまいち・・・・。(>_<) お客さんは綺麗に撮影できたようで、私は満足です。

今週も団体で撮影ツアー(最近、ホント撮影される方が増えました)。ケツァールが勿論、第一の目当て。皆さんが満足のいく撮影ができますように・・・・。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/