2007/05/18

アレチノスリ



テキサスの続きです。アレチノスリの渡りの場面に遭遇しました。写真のような感じで、少なくとも五十羽は木々や杭などにとまり、休憩していました。ちょうど、中南米から渡って来たばかりだったのでしょう。壮観な眺めでした。

引越しにつき(同じ町ですが・・・・)、しばらくブログ更新できません。 


関連記事
    
2007/05/12

エンビタイランチョウ





一昨年ぶりに古巣テキサスに行きました。ヒューストン周辺は大規模な開発の波が押し寄せ、鳥達も少なからず影響を受けていると思いました。

宿泊先のモーテル手前で撮影したエンビタイランチョウです。

二枚目はWhite Sands National Monumentで撮影しました。白い砂丘に目を奪われました。ちなみに在米十五年の私が、その存在さえ知りませんでした。米人の妻も然り。

ツアーに参加されたお客さんのリクエストで訪問したのですが、再訪問したいと思わせるような場所でした(砂丘を背景にした野鳥写真が撮りたい!)。White Sands National Monumentはニューメキシコ州にあります。


関連記事
    
2007/05/11

コスタリカのタクシー



久しぶりに「コスタリカの・・・・」です。最近はネタを探すのも面倒で・・・・怠け者です。σ(^◇^;;

黄色い三角マークの付いたのが正規のタクシーで、料金はメーター制です。タクシーはホントに安くて、バスに乗る感覚です。この他にマークの付いていない「怪しい」タクシーも数多く存在します。こちらは大抵、事前に料金を交渉します。

綺麗な車から、今にも止まりそうなポンコツまで多彩です。座席に穴が開いているなんてのも・・・・(笑)。

一番気になるのが運転。とにかくスピードを出します。夜はほぼ間違いなく信号無視。どうりで世界トップクラスの事故率を誇るわけです。


関連記事
    
2007/05/06

メガネフクロウ





今度は親鳥です。何故メガネフクロウと呼ばれているかが、分るかと思います。三羽で仲良く暮らしてね。


関連記事
    
2007/05/05

メガネフクロウ



GWコスタリカ・ツアーのハイライトの一羽、メガネフクロウの若鳥です。親鳥も周辺にいました。ツアー直前に見つけたばかりなので、今回ご案内したお客さんには幸運でした。

道なきジャングルの中を進み、この家族を見つけた後、お客さんを呼びに戻ろうとしました。そこでなんとハプニングが!


慌てていたので、一瞬、帰り道を忘れてしまいました。ゞ( ̄∇ ̄;)(おいおいガイドが方向音痴で大丈夫かよ~)。あやうく熱帯雨林の中で遭難するところでした。σ(^◇^;;


関連記事
    
2007/05/04

カンムリズク



ツアー三連荘もようやく終わりました。GWコスタリカ・ツアーでは大物が続出!お客さんにも喜んでいただけたはず。

仲良く座っていたカンムリズクの夫婦です。手前の葉が邪魔で写真としては最悪ですが・・・・。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/