2007/01/27

コンゴウインコ



動くボート上からのデジスコ撮影は非常に困難なものです。おまけに光の条件が最悪で、「とんでいたり」、「つぶれていたり」の個所があちこちという駄作。でも、巣から出て来て披露してくれた姿は見事でした。

今日、ヒワコンゴウインコの保護団体からメールがありました。そのメールには、ヒワコンゴウインコではなく、コンゴウインコに関する驚くべき事実が書いてありました・・・・多分(私のスペイン語力は怪しいものですが・・・・)。


関連記事
    
2007/01/26

グリーンバシリスク



もう何度も掲載しているグリーンバシリスク(エメラルドバシリスク)ですが、バストアップは初めての公開かな?デジスコ撮影だと距離が近過ぎて、全身が入らなかったというオチですが・・・・。

チラリとカメラ目線をしてくれているようでした。


関連記事
    
2007/01/25

セアオノスリ



滅多に開けた場所に出て来ないセアオノスリ。この時は非常に目立つセクロピアの木にちょこんと留まっていて、ちょっと驚きました。国内でもトップクラスの美しさを誇る猛禽です。背景が青空でなかったのが残念でした。


関連記事
    
2007/01/23

ホオグロミヤビゲラ



熱帯ではキツツキがパパイヤやバナナを食べます。日本ではちょっと考えられない?このホオグロミヤビゲラはヤシの実をつついていました。これもよく見かける光景です。


関連記事
    
2007/01/19

オグロキヌバネドリ



宿泊先の直ぐ近くにいたオグロキヌバネドリ。明るく見えますが、実はかなり暗いのです。シャッター・スピードが五分の一でしたが、なんとかブレずにすみました。

今年は鳥の大写しだけでなく、少し引いた写真にも挑戦してみたいです。 


関連記事
    
2007/01/18

コスタリカの子供達



お客さんとフクロウを観察していたら、子供達がゾロゾロと出現。お客さんの巨大なカメラや、私のスコープが物珍しかったようです。

フクロウにスコープをセットし、子供達に順番に見せました。鮮明に見えるからでしょうか。子供達は興奮しまくり状態でした!


この後、ナマケモノも観察し、更にボルテージがアップ。おまけにチュウハシ(オオハシの小型版)まで出現し、大興奮!どの子も自然のチュウハシを見るのは初めてだったようです。

一生懸命に観察する子供達の瞳は宝石のように輝いていました。最高の笑顔に充実した一日でした。


関連記事
    
2007/01/10

ヒゲドリ



年末年始ツアー時に撮影したヒゲドリです。残念ながらヒワコンゴウインコ同様、絶滅危惧種に指定されています。

頭が真っ白なので撮影が難しいのですが、今回は光の影響も受けずに撮影できたかな?


関連記事
    
2007/01/08

ヒワコンゴウインコ



皆さん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

年末年始ツアーの疲れが出たのか、少し体調を崩しています。年末年始のカードを送ってくれた皆さん、ありがとうございました。m(。・_・。)m

絶滅危惧種ヒワコンゴウインコを対象にした募金ツアーは大成功でした。実物をじっくり観察でき、私もお客さんも興奮状態でした。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/