2006/02/25

コスタリカの現状



先ず、皆さんがこの記事を読む前に一言。私はコスタリカが好きです。以前住んでいたアメリカ、故郷である日本よりも好きだと思います。地元民も親切な方が多いです。ですが、今日は辛口な記事を書いてみます。

この写真を見て、皆さんはどう思いますか?夕暮れ近くに撮影した牧草地です。

コスタリカはエコツーリズムの先進国として、世界の注目を浴びています。国土の四分の一が保護され、「中米の楽園」、「中米のスイス」等とも呼ばれています。日本では軍隊を持たない国として、知られているかもしれません。

私は野鳥ガイドですから、一般の方よりも自然に触れる機会が多いです。生き物が大好きで、熱帯雨林に入るのが何よりの喜びです。コスタリカに生息する生き物の美しさ、素晴らしさをお伝えするために、ブログを開設しました。

ゲストブックには「自然が豊かな国なのですね」「コスタリカは野性の宝庫なのですね」「コスタリカに住めて羨ましいです」等のコメントを沢山いただきました。実際のコスタリカはどうなのでしょう?

「国土の約四分の一が保護されている」という文章は、かならずどの観光本にも出ています。この文を読むと、いかにも環境保全に力を注いでいる感じがします。


しかし、実際に国立公園として保護されているのは半分ほど、残りは私有の保護区も含まれます。つまり所有者の考え一つで、緑はあっという間に消えてしまいます。 

最近では観光者向けにカジノ、ゴルフ場、リゾートホテル等の施設が増えています。自然の外観を損ねた施設の乱立には、個人的にウンザリします。

エコツーリズムとは「ありのままの自然を通じて、その美しさを再認識してもらう。あるいは大切さを知ってもらう」事ではないのでしょうか?観光のために人の手が多少入るのは、仕方が無いでしょう。しかし、エコツーリズム先進国にカジノ?ゴルフ場?本当に必要なのでしょうか?

有名な野鳥写真家で、モンテベルデ保護区の近くに長年住んでいたフォグデン夫妻に、エクアドルでお会いした事があります。引越した理由は、同保護区の「過度の観光化」に嫌気が差したそうです。

また、有名なエコロッジがカジノに変わり、欧米のバーダーを驚かせた「事件」もありました。保護区内での密猟も、相変わらずの問題です。仕事柄レンジャーの方々と話しますが、現状は酷いものです。実際に密猟者に遭遇しましたし、今後も続く事でしょう。

汚水の垂れ流しも深刻です。ある方の話によると、有名なエコロッジも平気で汚水を流しているそうです。


私が初めてコスタリカに来た頃と比べて、ジャノメドリやメキシコカワガラスの個体数が減っているのも頷けます。川で洗車して、洗剤を平気で流している地元民も大勢いますから・・・・。 

サンホセや周辺の都心部はゴミが散乱しています。地元民は平気で車やバスの窓からゴミを捨てます。ゴミ処理能力が不足しているとはいえ、目を覆いたくなるような汚さです。そのくせ、空港の前だけは絶えず掃除している職員を見かけます。

地元民の多くは自然保護への考えどころか、国立公園にさえ滅多に訪問しません(仕事中にほとんど会いません)。週末はビーチに出掛け、ゴミを撒き散らして帰宅します。自国が自然保護&環境保全を看板にしたエコツーリズム国家だと、認識しているのでしょうか?

先日、クルーズ客船のお客さんを案内しました。ツアー後、港にバスが到着しましたが、砂浜はゴミだらけ。お客さんの「ゴミが酷いわね~」のコメントに何も言えませんでした。

冒頭に戻りますが、牧草地の写真を掲載した理由は、これが現在のコスタリカだからです。小さな緑が国内に点在するのみで、後は牧草地、バナナ、ヤシのプランテーションなどが延々と続いています。


ですからジャガー、バクなどの大型哺乳類はほとんどいません。世界最強の猛禽であるオウギワシも、国内では既に営巣が確認されていません。

これがエコツーリズムのモデル国として、世界の注目を浴びているコスタリカの現状です。他の中南米国は更に悲惨だと思います。去年、エクアドルのアマゾン流域に行き、延々と続く石油パイプに愕然としました。

コスタリカの自然保護政策はウミガメがきっかけでした。当時の大統領がトルトゥゲーロ(現国立公園)に視察に来た際、密猟者によって傷つけられたウミガメに遭遇したそうです。


「自国の自然と生き物を守りたい」という大統領の想いが、現在の国立公園システムに繋がりました。現在のコスタリカを、彼はどのように思っているのでしょうか?

コスタリカに住むまでは、表面上の美化された部分しか見えませんでした。「野性王国コスタリカ」なんて、とんでもありません!わずかに残された緑地で、行き場のない生き物が閉じ込められているだけなのです!

森林伐採、密猟、水質汚濁、ゴミの散乱・・・・問題が山積みです。私も生活のため間接的に「悪い貢献」をしているので、こんなこと書く権利さえないのかもしれません。自然やそこに棲む生き物達との共存は、本当に難しいものです。

いつもコスタリカの「良い部分」しか掲載していないと思いますので、今日は「嫌な部分」を書いてみました。皆さんはどうお考えでしょうか?

三月一日まで不在になります。楽しい週末をお過ごし下さい。


関連記事
    
2006/02/24

オオヒキガエル



オオヒキガエル(Bufo marinus)は最大で二十センチにもなります。都市への適応力が高く、民家の周りでも普通に観察出来ます。宿泊先のホテルでも夜になると、あちこちでピョンピョン飛んでいます。

オオヒキガエルは自己防衛の為に体内に毒素を持っています。犬や猫に襲われると、皮膚より毒を分泌します。口の中にでも入れようものなら天国行きです。被害に遭っている犬や猫も少なくないとか・・・・。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。このオオヒキガエルは毒を分泌する以外にもある行動をする事によって、外敵から逃れようとするそうです(私は試した事がない)。手で捕まえたら、一体何をするのでしょうか?(ーー;)うーん?今日も選択式です。

1.大声で鳴き出す
2.おし○こをする
3.う○こをする
4.噛み付く
5.死んだふりをする
6.口から汚物を吐き出す
7.臭い匂いを出す

夜行性なので今回きりフラッシュを使用しました。もう二度と撮影しません(オオヒキガエルさん、御免なさい!)。

正解は矢印の下にあります。







正解は二番の「おし○こをする」でした。本に記述があるだけで、他の行為もありそうな気がします。どなたか試してみる勇気がありますか?

SATOKOさん、ramiさん、midoriさん、MIKAさん、Chieさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/02/23

サンショクキムネオオハシ



かなり可愛らしく撮れたとは思うのですが、もう少し横を向いてくれれば・・・・。お土産屋さんでもグッズが沢山売られている人気者です。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。このサンショクキムネオオハシの囀りは次のどれに似ているのでしょうか?(ーー;)うーん?今日は選択式です。

1.ガマガエルのような声
2.セミのような声
3.カモメのような声
4.ネコのような声
5.金属音のような声
6.コオロギのような声
7.実は全く囀らない珍しい鳥

正解は矢印の下にあります。







正解は「コオロギのような声」でした。よく巨大なコオロギのような声と表現されます。さてあなたの耳にはどのように聞こえるでしょうか?

motomaxaさん、岳だべささん、カヤさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/02/22

Erythrina poeppigiana





コスタリカには四季がありません。単純に雨季と乾季に分かれています。現在は乾季の後半に入っています。年間の気温差もあまりないので、季節感がありません(雨が降る日数が異なるだけ)。

しかし、乾季になると多くの木々が落葉し、花を咲かせます。中でもマメ科に属するErythrina poeppigianaは二月がピークで、その美しさが際立っています。


地元ではポロと呼ばれ、首都サンホセ周辺でその多くを見かけます。三十メートルくらいまで成長し、遠くから見ると紅葉しているような感じです。

原産国はパナマから南米にかけてなので、コスタリカでは帰化種となります。四季がないコスタリカですが、この花が咲き始めると春を意識してしまいます。仕事中に急いで撮影した私のショボイ写真では、その美しさを証明出来ないのが残念です。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。ポロの木はある場所で積極的に植えられ、重要な役割を担っています。その場所とは?(ーー;)うーん?

ヒント: コスタリカの産業

正解は矢印の下にあります。







正解はコーヒー農園(プランテーション)でした。ポロの木は適度な日陰を作り出します。これはコーヒーの成長に必要な要素なのです。


しかし、昨今では「サン(太陽)・コーヒー」なるブランドが登場しています。日陰を必要としない=ポロ等の植林を必要としない=更なる緑の減少に繋がります。サン・コーヒーは買わないようにしましょう!

MIKAさん、mineさん、SATOKOさん、grumpycarebearさん、りのけさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 

今回は参加者が少なくて残念でした。


関連記事
    
2006/02/19

ミドリハチドリの雛



不在中に沢山のコメント&15,000ヒットありがとうございました。m(。・_・。)mこれからも宜しくお願いします。 

一月七日にミドリハチドリが抱卵している写真を投稿しました。その後、巣が空のようだったので、卵の行方を懸念していました。

ところが前々回のツアーではなんと二羽の雛が巣に座っていました!ちゃんと卵はあって、母親が不在だっただけのようです。薄暗い時間帯にてフラッシュ未使用なので、画像が少し不鮮明です。

前回のツアーでは見事に巣立ちしていて、近くの藪の中で母親に餌をおねだりしていました。

(*^▽^*)

突然の仕事が入ったので、21日まで不在になります。次回はクイズも出題しますね。


関連記事
    
2006/02/03

再び謎のセセリチョウ(゚_。)?



昨年末、近所の植物園で撮影したセセリチョウです。セセリチョウはコスタリカ蝶図鑑で一種も掲載されていないので、お手上げ状態!どなたか名前が分かりますでしょうか? 

十八日まで不在になります。今回はツアーが連続なので、しばらく皆さんとお話できません。長丁場ですが、頑張って来ます。p(*゜▽゜*)q

皆さん、楽しい週末をお過ごし下さい。コメント残しておいて下さいね~。

追記: アオネセセリ属、ラテン名: Astraptes fulgerator 英名: Two-barred Flasherだと分かりました。


関連記事
    
2006/02/02

コスタリカノドジロフトオハチドリ



昨年末に撮影したコスタリカノドジロフトオハチドリです。背景が上手い具合にボケてくれました。葉の上にチョコンとのっていて、可愛らしいと思いませんか?ちなみに高山に生息するハチドリで、光の反射角度により喉は赤っぽいオレンジ色に見えます。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。コスタリカノドジロフトオハチドリは下記のどれに該当するハチドリなのでしょうか?(ーー;)うーん?今日は選択式です。

1.コスタリカで最速のハチドリ
2.コスタリカで最軽量のハチドリ
3. コスタリカで最も個体数が多いハチドリ
4. コスタリカで二番目に小さいハチドリ
5.世界でもコスタリカにしか生息していないハチドリ
6.雄が営巣、子育てするハチドリ
7.繁殖期に北米へ渡るハチドリ

↓のtkaktさんから突っ込みのコメントがありますが、和名は間違っていません。喉が白くなくてもノドジロって変ですよね~。ちなみに変な和名は他にもあります。納得がいかない方は、山階鳥類研究所に聞いて下さいね。お客さんからもよく突っ込みあります。σ(^◇^;;

正解は矢印の下にあります。







正解は二番「コスタリカで最軽量のハチドリ」でした。前々回のツアー中に窓ガラスに激突した個体がいました。初めて手に乗せましたが、重さ(二グラム)を全く感じませんでした。脳震盪を起こしていましたが、応急処置後に無事に飛び去りました。(*^▽^*)

和名に「コスタリカ」とありますが、固有種ではなくパナマ西部にも生息しています。「じゃ~、何でコスタリカって付けるんだ!」って叫びたくなりません?

コスタリカノドジロフトオハチドリは全長六センチ半あります。コスタリカには同じサイズのワタボウシハチドリがいますが、国内で最小です。ちなみに世界最小はキューバに生息するマメハチドリ(ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい、こんな和名でいいの?)で、五センチ半と言われています。

SENKOさん、motoxmacさん、grumpycarebearさん、reddragonさん、Miyukiさん、nollyさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/02/01

コスタリカの怪しげな固まり? !?(゚〇゚;)マ、マジ...



しかし、ホントに重くなりましたね~。まあ、ブログ開設者が増えているのだから、当たり前なのかもしれません。日本時間の深夜二時以降でもこの重さとは。一体、何時に更新すればいいのじゃ~\(≧∧≦)/ムカッ!!

前回シロアリの巣に営巣するシロエリオオガシラを紹介しましたので、実物の巣をお見せしなければなりませんね。この怪しげな固まりこそがシロアリの巣です。コスタリカだけでなく新熱帯区であれば、あちこちで見かけます。直径五十センチくらいの巣もあります。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。どうしてシロアリは木の上に巣を作るのでしょうか?(ーー;)うーん?これは簡単かな?

正解は矢印の下にあります。







正解は「洪水による水浸しを避けるため」でした。また、「アリとの縄張り争いを避ける」という説もあります。

SENKOさん、grumpycarebearさん、ramiさん、SATOKOさん、カヤさん、コマさん、reddragonさん正解です。airaiyaさんは折角、正解を書きながら辞退したので、おまけ正解(5点)にします。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 

「天敵アリクイを避けるため」の意見もありましたが、コスタリカにいるコアリクイは木にも登ります。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/