2006/01/30

シロエリオオガシラ



最近プライベートで撮影に行く時間がないので、在庫からシロエリオオガシラです。

今朝は久しぶりに妻と鳥見&撮影に出掛ける予定でしたが、体調がいまいちで止めました。この時期、私が住む地域は東からの貿易風がピューピュー吹いて寒いのです。今日も寒い、寒い!{{{{(*・_・*)}}}} 寒ううぅ ホントに熱帯国かよ~と思います。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。乾季も半ばに入り、鳥達は営巣の準備で忙しくなります。


シロエリオオガシラも同様です。今頃は使用する巣を探しているはずです。へっ?それってどういう意味?そうなのです。この鳥はある生き物の巣を借りて営巣します。その生き物とは何でしょう?(ーー;)うーん?

正解は矢印の下にあります。







正解はシロアリでした。繁殖期になると、巣の下に穴を開けます。雨よけにもなり、中も涼しいそうです。シロエリオオガシラは巣穴を借りるだけで、シロアリは食べません。


巣の中は小さな部屋が沢山あり、シロエリオオガシラとシロアリが別々の部屋で生活できるのです!アパートみたいなものでしょうか?

ちなみに営巣が終わり、シロエリオオガシラがいなくなると、シロアリは穴を閉じます。他にもキヌバネドリ、インコ等がシロアリの巣を利用したりします。

grumpycarebearさん、i_ashiharaさん完全正解です。yasukoさん、岳だべささん、walker_akiさん、reddragonさん、りのけさんはおまけ正解(五点)にします。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/01/28

マラカイトハリトカゲ



最近、再びブログが重くなりましたね~。こんな状況で訪問&コメントをいただき、皆さんには感謝しています。 m(。・_・。)mヤフーでは永遠に快適なブログ生活は送れそうにありませんね。

それでは本題です。ケツァールが生息する高地は朝夕がかなり冷えます。そんな寒い場所にいる愉快なトカゲを紹介します。Spiny Lizardとも呼ばれ、体は針のように細かい鱗で覆われています。触るとチクリと痛いと思います。

おもしろいのは陽射しが強いと鮮やかな緑になり、弱いと黒くなる体色です。上の画像は四時半頃の撮影でしょうか?太陽もかなり落ちているので、緑が薄くなっています。

横幅三メートルはあるかと思われる巨岩にへばりついていました。おもしろい構図で撮影出来ました。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。丁度、今頃がこのトカゲの繁殖期です。平均で5-6匹の子供が卵から孵ります。しかし、高山の朝夕は冷え込みます。そこで、ある方法で卵を温めなければなりません。その方法とは?(ーー;)うーん?今日も選択式です。

1.雄が地面に穴を掘って卵を埋める。
2.雌が体内で温める。
3.雌雄が交代で卵の上に乗り、温める。
4.雌が体内である程度温めた後、雄が地面に穴を掘って埋める。
5.鳥の古巣まで運び、雄雌交代で温める。
6.ブロメリア(着生植物)まで運び、その上に雌が乗り温める。
7.落ち葉を何枚も重ね、その下に置いて雌が温める。

正解は矢印の下にあります。







正解は二番でした。マラカイトハリトカゲは世にも珍しい体内受胎のトカゲさんです。雌の体内で卵が育ち、そのまま産まれて来ます。もっとも、この目でその瞬間を見た事はないのですが・・・・。愉快な仲間達に相応しいでしょう?

nonkiamiさん、reddragonさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/01/27

Aristolochia grandiflora



不在中に沢山のコメントをありがとうございました。皆さんのコメントは本当に励みになります。これからも応援宜しくお願いします。m(。・_・。)m 

新たに植物の書庫を追加しました。それに伴い幾つかの写真を移動させました。これで少しはネタ切れを防げるかな?σ(^◇^;;

この怪しげな植物は中南米では最大級の大きさを誇る花を咲かせます。ウマノスズクサ科に属し、「オランダ人のパイプ」、「ペリカンの花」等とも呼ばれています。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。Aristolochia grandifloraはある生き物を花の中に誘い寄せ、受粉させます。その生き物とは何でしょうか?(ーー;)うーん?今日は選択式です。

1. ハチ
2.ハチドリ
3.チョウ
4.オランダ人(だからオランダ人のパイプとも呼ばれている?おいおいゞ( ̄∇ ̄;))
5.コガネムシ
6.コウモリ
7.ハエ

正解は矢印の下にあります。







正解は七番のハエでした。受粉をしてもらう為に死骸のような臭い匂いを発して、ハエを誘います。受粉が完了した翌日には匂いは出さないそうです。


Aristolochia grandifloraを食虫植物だと勘違いしてお庭に植えるコスタリカ人もいるそうです。かえってハエの数が増えてしまいますね(笑)。

SENKOさん、mineさん、airaiyaさん、コマさん、カヤさん、MIKAさん、midoriさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/01/21

セアオノスリ



夕方五時過ぎに撮影した割には明るく撮れました(コスタリカの日没は五時半)。獲物を狙っていたようで、地面から一メートルくらいの場所まで降りて来ました。お互いに距離が近過ぎて、しばらく身動き出来ませんでした(笑)。なかなか綺麗な猛禽だと思いませんか?

最近、コメントやクイズ参加者が減り、ちょっとブルーな管理人です。いつも書き込みしていただいている皆さん、本当にありがとうございます。m(。・_・。)mこれからも応援宜しくお願いします。

二十七日(日本時間)まで不在になります。楽しい週末をお過ごし下さい。


関連記事
    
2006/01/20

コスタリカのお赤飯? (゚_。)?



宿泊先のホテルでの朝食です。観光客用にアレンジされているので、典型的なコスタリカの朝食とは多少違います。右上に見える豆腐のような食べ物はチーズです。

左上のご飯を見て「おや?」と思いましたでしょうか?日本のお赤飯にそっくりです。gallo pintoと言います。これぞコスタリカ人が食べる典型的な料理です。味はお赤飯とは違い、赤ピーマン、玉ねぎ、香菜、にんにく等が入っています。

このgallo pintoに目玉焼きをのせたり、チリソースやコスタリカで有名なリザノソースをかけたりします。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。gallo pintoには上記以外にもある物をかけたりします。それは何でしょうか?(ーー;)うーん?

ヒント: ○○ー○○ー○ カタカタ表記で7文字です。五つの○を埋めれば完成!簡単でしょう?

正解は矢印の下にあります。







正解はサワークリームでした。私もサワークリーム派です。サワークリームとチリソース両方かける方もいます。

りのけさん、gogokanaさん、夢ママさん正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/01/19

タランチュラ ギャアァァァ━━━━(゚Д゚ll)━━━━━ !!!!!!



タランチュラは昆虫ではないですが、書庫も多くなったのでここに入れておきます。

熱帯雨林に囲まれたエコロッジなら部屋に入り込んでいる事も稀にあります。部屋の外に靴や長靴を放置しておけば、立派な棲家になるかもしれません。

一応、毒を持っていますが、滅多に刺す事はありません。地元のガイドはよく手に乗せて、観光客に見せたりします。私も乗せた事がありますが、今のところは大丈夫です。手の上に乗せると割りと心地良かったりして・・・・って変かな?ヾ(@°▽°@)ノあはは

昨日のクイズの正解発表は明日にします。参加者が少なくて盛り上がらないな~(ノ_・。)。


関連記事
    
2006/01/18

キバシミドリチュウハシ



帰宅しました。不在中に沢山のコメントをありがとうございました。 m(。・_・。)m

国内に繁殖ペアが三十程しか残っていないヒワコンゴウインコも姿を見せ、非常に感慨深いツアーとなりました。

ツアー中に撮影したキバシミドリチュウハシです。お気に入りの一枚になったので、プリントして額に入れようと思っています。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。このキバシミドリチュウハシは他の鳥達に苛められる事があります。どうして苛められるのでしょうか?(ーー;)うーん?

正解は矢印の下にあります。







正解は他の鳥の雛や卵を食べるからでした。あのケツァールも対象になっています。

りのけさん、nollyさん、夢ママさんは完全正解です。岳だべささんは解答が二つあったので、おまけ正解で五点にします。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/01/10

ズアカエボシゲラ



久しぶりに妻が撮影した一枚をアップしてみます。前回は好評でしたが、今回は厳しく批評してやって下さい(笑)。

現在、実家のカリフォルニア(サンディエゴ)で、ふんぞり返っているはず。妻は実家でのんびり休暇(三週間もですよ~!)、夫は正月もなく仕事です。栗きんとん食べたい(´Д`)。

明日から十八日(日本時間)まで不在になります。


関連記事
    
2006/01/09

クロイグアナ



イグアナと言えば、普通はグリーンイグアナを指しますが、コスタリカの北部にはクロイグアナも生息しています。子供の頃は鮮やかな緑色をしているので、別種に見えます。天気の良い日は穴倉から出て来て、このように樹上で日光浴しています。

エコロッジのお庭でもよく見かけるので、観光客には撮影対象としても人気があります。近寄り過ぎると足早に逃げる時もありますが、全く身動きしない時もあります。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。このクロイグアナは地元の人に「樹上の○○○」と呼ばれています。○○○とは何でしょう?(ーー;)うーん?

↓し、しまった!グリーンイグアナの記事に正解が書いてあった。( ̄▽ ̄;)という事で今回はカヤさんのみに正解です。

正解は矢印の下にあります。







正解はばれていますが「チキン」でした。今は禁止されているらしいですが、現地の人に好まれていました。タンパクでチキンの味にそっくりだそうです。僻地であれば、今でも絶対食べているはず!皆さんは食べてみたいですか?

カヤさんはです。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    
2006/01/08

コスタリカの怪しい道路標識 (゚_。)?



舗装された道路で見かける怪しいサインです。

「コスタリカと愉快な仲間達」今日はいきなり、問題です。この道路標識は何でしょう?(ーー;)うーん?今日は非常に簡単?だと思うので、最初の正解者五名のみがポイントを獲得とします。答えは一つにしないと減点ですよ~。

正解は矢印の下にあります。







正解は「その場所で人がひかれて、天国に行ってしまったので注意、減速せよ」でした。

知人にコスタリカは世界で第二位の交通事故率を誇る(誇るな~!)と聞きました。真偽のほどは定かでありませんが、コスタリカ人の運転は怖いです。


信号無視は当たり前。直ぐに発信しないとクラクションはバンバン鳴らす。交通ルールはあっても無いに等しいです。歩行者がいても停止しないし、私も何度もひかれそうになりました。コスタリカで運転するのはやめましょう。事故に巻き込まれます。

gogokanaさんは完全正解です。SENKOさん、nonbirikurasuさん、PALANTEさん、KAZZYさん、102ndさんはおまけ正解です。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/