2005/09/30

コスタリカの番地システム 住所がない!?!?(゚〇゚;)マ、マジ...



コスタリカにはいわゆる番地システムがありません。つまり住所が無い(サンホセの中心部だけ通りに名前がある)!では郵便はどうしたら良いのか?これは郵便局で私書箱を入手すれば問題ありません。

不便なのは、誰かの家や初めての場所を訪問する時です。番地が無いので、目印を使用します。電話で行き方を聞く時は、本当に大変です。


ちなみに家の場合は、写真のシーフード・レストランが目印になります。私の住む町では誰もが知っているチェーンのレストランなので、このレストランを基点として場所を教えます。例えば「レストランから南へ百メートル、右に曲がって五十メートル・・・・みたいな感じです」。

笑い話ですが、引っ越した初日、荷物の整理に忙しくて宅配のピザを注文しました。30分経過・・・・来ません。45分経過・・・・来ません。60分経過・・・・イライラ・・・・やはり来ません。


「いい加減にしろ~!」と思い妻に電話してもらったら、家が見つからなくて帰ったそうです。その時に思いました。「番地付けろよ!コスタリカ!」ちゃぶ台投げ(ノ≧ο≦)ノ ┫ ゜・∵。それ以来、宅配は注文していません。


関連記事
    
2005/09/29

コスタリカのお土産にあったら良いな~と思うネックレス



今年の五月に御案内した日本野鳥の会岡山支部の関さんが掲示板に貼ってくれたケツァールのネックレスです。お嫁さんの手作りだそうで、その見事な出来栄えに感動すら覚えました。

「妻に見せたら欲しがりますよ」等と間接的におねだりするコメントを書いてしまい、御迷惑を掛ける事に・・・・。すみませんでした。 m(。-_-。)m 

結果、オジローさんのステッカーと同じパターンですが、いただける事になりました。勿論、妻はホクホク顔です。 


関連記事
    
2005/09/28

サンショクキムネオオハシ



枝が被ってせわしい一枚になってしまった。早朝ならまだしも、日中の暑い時間は木陰にいるから仕方が無いか・・・・。

熱帯のアイコンともいえるオオハシですが、コスタリカでも人気は高いです。お土産屋さんでもコンゴウインコと並び、色んなグッズが売られています。とても愛嬌ある顔だから納得ですね。

ちなみにオオハシは食べ物を直接飲み込めないので、空中にトスして食べます。


私が働いているロッジのオーナーは以前、サンショクキムネオオハシを飼っていました(バードウォッチャー御用達のエコロッジなのに野鳥を飼うな~!ブーイング q(ー"ー)後にお客さんに指摘され放鳥した)。

ある日、ピーナッツ・バターを与えたら、喉を痞えて大変な事になったそうです。そのまま食べ物を飲み込めないのだから、当たり前の結果ですね。


関連記事
    
2005/09/27

クロオビチドリ



久しぶりに撮影してみました。森の鳥が好きな私ですが、気分転換にシギチ人になってみました。とにかくチョコマカ動くので、デジスコ撮影には忍耐が必要です。場所も開けて日陰もありません。そうそう撮影したくはないかもしれません(日射病になりそう)?( ̄◇ ̄;

日本も渡りの時期ですから、多くのバーダーがシギチを観察しているかと思います。仕草が可愛いから、ついついのめり込むのも納得です。


関連記事
    
2005/09/23

コスタリカのお土産に買いたいステッカー?



先日、本家の掲示板に貼って頂いたケツァールのステッカー。オジローさんに間接的におねだりしたら、ちょちょいのちょいと作成してくれました。オジローさん、ホントにありがとう! m(。・_・。)m 

それにしてもセンス抜群です。サイトには日本の野鳥を元にしたステッカーもありますから、是非御覧下さい。コスタリカのお土産にケツァール・グッズは意外と少ないのです。こんなステッカーあったら、絶対売れるだろうな~。

ちなみにこのステッカーは十二月にコスタリカに来られる、RICKさんが持って来てくれる予定。既にマイ・スコープに貼る事に決めています(笑)。ステッカーには私のサイトのアドレスもあるし、宣伝にもなりそうです。目立つだろうな~(完全に自分の世界に入っている)。

話は変わりますが、新規投稿の際、新着に載らない時が何度もあります。つまり、投稿しても私のブログの存在を既に知っている方のみにしか見てもらえません。一人でも多くの方に見てもらいたいのが心情。

他のブログで知りましたが、今までの投稿が全部消えてしまったケース、ファンのみ限定のはずが一般公開になっていたり、非公開が公開になっていたり、色々と悲惨なケースがあるようです。なんとかしてよヤフーブログ。いつまでベータ版なの?

二十七日まで不在になります。皆さん、良い週末を!


関連記事
    
2005/09/22

アカスズメフクロウ



またまた近所の鳥。といっても昨日のコンゴウクイナ同様、あちこちにいる訳ではありません。引っ越した当時は声すらも聞こえなかったので、本当にいるのかとさえ思いました(図鑑には首都郊外でも観察出来ると書いてありました)。

しかし、いました!夜に近所を歩けば、その存在が分かります。ちなみに完全な夜行性ではないので、日中でも活動しています。仕事場では熱帯雨林が目の前だし、個体数も多いです。小さくてお茶目(死語?)なフクロウ。


関連記事
    
2005/09/21

コンゴウクイナ



今日も近所の鳥ですが、「うそ~、クイナが近所の鳥なの?」と思われるかもしれません。勿論、クイナですからスズメやハトのように目立ちませんし、個体数も多くありません。それでも近所にいるんですよ。水の近くや、ちょっと湿った藪から声が聞こえたりします(これがまた凄い声量)。

近所で確実に見れる場所はコスタリカ大学のキャンパスかな。最近は行っていませんが、丁度この鳥が好きそうな環境が整っています。しかし、クイナはクイナ。なかなか開けた場所には出て来てくれません。道端に出て来る時は足早ですから、撮影する暇もありません。

この時は丁度水浴びした後でした。茂みの隙間からこっそり撮影(写り悪いな~)。色彩豊かなクイナなのですが、今のところ綺麗に撮れていません。


関連記事
    
2005/09/20

ハチクイモドキ



もう少しだけ近所の鳥を続けます。住宅街なので大した鳥はいないと書きましたが、この鳥は初見だと「ハッ」と息を呑みます。いかにも熱帯の鳥ですよね。尾がラケット状なのも魅力的です。


ちなみに尾を含めると四十センチ近くあるので、見栄えも良いです。正面からだと分かりませんが、背中の緑が綺麗です。たまに電線とかに止まっています。


関連記事
    
2005/09/18

コスタリカの紙幣



昨日、「世界不思議発見」という番組でコスタリカ特集をしていたと掲示板で知りました。私は勿論、観れませんでしたが、どんな内容だったのかな~。

テレビ(主に自然番組)でよく放送されているようですが、その割りには日本人の観光客が少ないです。この国は完全にアメリカ人観光客に占拠されている感じです。アメリカからは距離も近いし、当たり前かな。

コスタリカの通貨単位はコロン。およそ500年前にこの地を訪れたコロンブスにちなんで名付けられたそうです。


硬貨はやたらと大きくて、持ち運びたくないくらい。紙幣は1000、2000、5000、10000コロンとありますが、大した価値が無いので、財布がやたらと膨れます。貧乏人の私でもリッチな気分に浸れますよ(笑)。

画像は紙幣の裏側ですが、このように生き物が印刷されているのはお国柄(エコツーリズム国ですし)。ケツァール、コンゴウインコ、ハチドリ、ナマケモノ、モルフォチョウも入れて欲しかったな~。


関連記事
    
2005/09/17

リスカッコウ



画像の数も随分と増えました。在庫を貼る際、既に貼ってあるかどうかも分からなくなってきました。いちいちリストを調べてられないよ~と思っていたら、ブログ内に検索ボタンがあるのを発見。今日まで気が付きませんでした(笑)。

という訳で今日も近所の鳥でリスカッコウです。カッコウが住宅街にいるのは少し意外かもしれません。交通の激しい道路上を横切るのを目撃した事もあります。

大型(五十センチ近く)の割にはリスのようにちょこまか動くので、デジスコには不向きな鳥。この鳥を撮影するのはホントにストレス溜ります。\(≧∧≦)/ムカッ!!カッコウ特有の長~い尾が魅力的なのですが、デジスコだと全身が入らない事が多いですね。


関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/