2020/11/04

花鳥風月(第22回)首都圏にある自然公園で、予期せぬ発見がありました!(後編)

前回の続きです。

10_20201104071642041.jpg

木道エリアは左右の見晴らしが良く、探鳥に最適だと思います。もっとも開園が八時なので、探鳥開始時間としては遅すぎます!

11_20201104071644c29.jpg

首都圏の自然公園ですが、ここに注目に値する野鳥が生息しています。オナガセアオマイコドリです。編集ソフトで明るく補正していますが、実際は薄暗い場所で撮影しています。

12_20201104071645519.jpg

こんな感じのゴチャ、ゴチャとした視界の悪い場所に隠れています。黒いボデイに、動きも俊敏なので、撮影は容易ではありません。正面から撮ると、頭部の赤、背中の青も見えません。「見返り美人」ポーズを狙います。

ちなみに、同園内ではシロマユオナガウズラも観察できます。生息範囲が狭く、個体数も多くはありません。ハードコアのバーダーなら、このウズラを求めて訪問するかもしれません。地味な色合いで、薄暗い林床を弾丸のように移動するので、撮影する意欲が湧きません。(^○^)

13_20201104071646b97.jpg

蔓から木になるのに、どれくらいの年月が掛かるのでしょう?

14_20201104071648054.jpg

林床では、ハキリアリが忙しく動いていました。首都圏でも珍しくなく、自宅外の花壇でも見かけます。

15_20201104071649e61.jpg

南米エクアドルの高地でも見かける花ですが、未だに名前が分かりません(園芸種?)。ハチドリが好んで蜜を吸いに来ます。ここで辛抱強く待てば、撮影チャンスが到来するかもしれません。私には無理ですが・・・・。(^▽^;)

16_20201104071651242.jpg

ボカシスカシマダラ属、ラテン名: Pteronymia latilla fulvescens 英名: Latilla Clearwing

識別が難しい属なので、詳しい方に同定してもらいました。琥珀色で透けた翅が、素敵な蝶だと思います。

17_20201104071653217.jpg

ちょっとした観察タワーがあります。コロナが終息するまでは、長居したくない場所です。感染者、死亡者が増加しているのにもかかわらず、未だにマスクを着用していない地元民が相当数います。

18a アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne janais janais 英名: Crimson Patch

18b_2020110407163496b.jpg

アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne janais janais 英名: Crimson Patch

翅を高速に開閉していて、表翅の撮影は断念しようかと思いました。適当に連写したら、なんとか撮れてました。適当って・・・・。(^▽^;)

19 Epidendrum barbeyanum

ラテン名: Epidendrum barbeyanum

唯一、開花していた蘭です。自宅近くのコーヒー・プランテーションに残された木にも、普通に着生しています。

20a.jpg

これらの株を見つけた時には、ビックリしました。「これって、Rossioglossum schlieperianum?」

去年の六月に、近くの保護区でRossioglossum schlieperianumという蘭を見つけました。残念ながら、花は枯れている状態でした。それで今年の再訪問を楽しみにしていたのですが、コロナで入園できませんでした。(T□T)その時の株に、形がソックリだったのです。

それで知り合いの蘭学者に画像を送ったら、やはりそうでした!「開花したら、画像とデータを送ってね。楽しみにしてるよ」メールに、そう書いてありました。

花は十センチ近くあり、非常に見栄えします。必然的に盗掘の対象となっており、自然界では見つけるのが難しくなっています。しかし、この区画にある木には、何株も着生していました!

どうして手つかずなのか、考えてみました。

  • 首都圏の自然公園で、人の出入りが激しい(家族連れが多い)。そのような場所で木に登ったりしたら、人目につく(過去に蘭を採集する悪人を何度も目撃していますが、人気のないエリアばかり)。
  • 入園時に記帳が必要なのですが、何故か警官が係員をしている→うかつに盗掘できない。

そんな感じかなと思いました。

理由はどうあれ、このような貴重な蘭が、首都圏の自然公園に自生していることに感動しました。どうか悪人の目に留まりませんように・・・・。

21_202011040716417b3.jpg

首都圏ということもありますが、周辺には大規模な緑地がありません。グーグル・マップで確認すると、一目瞭然です。

それだけに、この自然公園の存在は大きいと思います。開発が進む前は、どれくらいの蘭が存在したのかな・・・・。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    
2020/10/27

花鳥風月(第21回)首都圏にある自然公園で、予期せぬ発見がありました!(前編)

1_202010270427229f5.jpg

自宅から三十分ほどなので、ちょっと自然散策したい時に便利な場所です。自然公園なので、家族連れでも容易に歩ける散策路です(←鬱蒼としたジャングルのような雰囲気はない)。再生林ですが、それなりの規模の緑地が広がっています。

2_20201027042724fa9.jpg

蛇の展示エリア、蝶園などもあります。蝶園はコロナのため、閉鎖されています。もっとも蝶園なんか必要ないと思います。開けた場所、林内で様々な蝶を観察できます。

3a ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria astala astala 英名: Astala Eighty-eight

3b_20201027042727749.jpg

ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria astala astala 英名: Astala Eighty-eight

「88バタフライ」として知られている、ウラモジタテハの仲間が開翅してくれました。

3c_202010270427283fa.jpg

いつものように、息子は手乗せに挑戦です。

4a Euthyrhynchus floridanus

ラテン名: Euthyrhynchus floridanus

息子が撮影したカメムシです。ラテン名から分かるように、米フロリダ州にも生息しています。植物にダメージを与える虫を捕食するので、益虫とされているようです。

4b_20201027042732786.jpg

カメムシの撮影を確認している息子です。虫の撮影は、久しぶり?

5a ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria pandama 英名: Orange-striped Eighty-eight

5b_20201027042734ef3.jpg

ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria pandama 英名: Orange-striped Eighty-eight

別種のウラモジタテハがいました。

5c_202010270427112d2.jpg

以前に同公園で撮影した時も、手乗せを披露してくれました。息子は手乗せのスペシャリスト~(^○^)

6a キオビアカタテハ属、ラテン名: Hypanartia trimaculata autumna 英名: Reddish Mapwing

キオビアカタテハ属、ラテン名: Hypanartia trimaculata autumna
 英名: Reddish Mapwing

6b_20201027042715e4f.jpg

こちらは以前に訪問した際、蛇の展示エリアにて妻が撮影しました。私は散策路にいて、未だに撮影したことがない蝶です。地元民は蛇を観てるのに、その周辺で蝶を撮影する親子って・・・・?(¬_¬。) あやしい 

7_202010270427165da.jpg

発想は面白いと思いますが、ここで休憩したくありません。臭いそうです。(^▽^;)

8 Justicia aurea キツネノマゴ科

キツネノマゴ科、ラテン名: Justicia aurea  

散策路で一番目につく花です。

9_20201027042721982.jpg

元から存在する高い木には、蘭が着生しています。樹冠部なので、気付く人はほとんどいないでしょう。

同公園にて、予期せぬ発見がありました。詳細は後編にて!

六、十一、十二枚目はキャノン・パワーショットSX710HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

更新通知ボタンをメニューに追加しました(PCでの閲覧時のみ)。

    
2020/08/22

花鳥風月(第20回)水辺での散策が、とにかく楽しかったです!

家族旅行特集、その五

普段は森林散策ばかりの私ですが、滞在中は主に水辺での自然観察を楽しみました。そもそも私がバードウォッチングを始めた頃は、湿地帯がメインだったんですよね。

鬱蒼としたジャングルと違って、生き物を見つけやすいのが嬉しいですね。今思えば、蚊に悩まされた記憶もありません。本当に素晴らしいロッジでした。

1_20200822012703fb5.jpg

静寂とした水辺は、コロナによるストレスを吹き飛ばしてくれました。もし大勢の宿泊客がいたら、癒やしよりストレスになったのかな~。

2_20200822012707960.jpg

3_20200822012707fe0.jpg

野生蘭に関してはそこそこ詳しいですが、水性の花は全く分かりません。そこら中に咲いていました。

4_20200822012709f6d.jpg

息子が撮影したバシリスクトカゲです(コスタリカには三種が存在)。撮影はしませんでしたが、二個体が橋の上で「徒競走」しているのが面白かったです。

過去に、水上で「徒競走」しているのを、観たこともあります。

5_20200822012711bba.jpg

息子のためにポーズをとってくれた?甲羅にツル状の水草が絡まっています。

6_202008220127110af.jpg

このカイマンも息子の撮影に協力してくれた?やはり水草が絡まっていますね。(^○^)

7_20200822012712045.jpg

息子が撮影したグリーン・イグアナの若い個体です。

8_20200822012714bee.jpg

カリブ海側でのみ観察できる、ミドリトキです。個体数も多くはありません(図鑑ではuncommon表記)。

かなり距離があったので、鮮明には撮れませんでした。光が当たると、首元などがハチドリのような光沢を帯びます。


9_2020082201271516b.jpg

カスリタテハの仲間です。識別が非常に難しいので、詳しい方に同定を依頼しています。種名が分かり次第、追記します。裏翅が観察できたら、私でも同定できたかと思うのですが・・・・。

追記: カスリタテハ属、ラテン名: Hamadryas feronia farinulenta 英名: Variable Cracker 

10_20200822012717ccf.jpg

水辺の散策路を歩いていたら、ハナジロハナグマの集団に遭遇しました。ツリーハウスに来た集団と同じかは分かりませんが、やはり幼い個体が混じっていました。

11_20200822013812764.jpg

ナンベイタゲリがコスタリカで記録されたのは、1997年のことでした。パナマ国境にあった「緑の壁」の崩壊が、「侵入を許した」理由かと思います。

生息エリアを北に拡大し続け、今ではニカラグア国境エリアでも観察できるようになりました。大規模な森が消え、牧草地だらけのコスタリカを象徴する一例です。森林依存種は減少し、開けた場所を好む種が増えて行く。悲しい現実です。

12_2020082201381258f.jpg

大好きなアカハシリュウキュウガモです。アニメキャラのように可愛らしいです。

13_20200822013813076.jpg

ロッジの境界線エリアです。この後ろには牧草地が広がっていて、興醒めしてしまいます。

14_202008220138159c2.jpg

ツリーハウスに行く途中にある、雰囲気のあるスポットです。背後には原生林が広がっているので、いい林縁効果を生み出します。

いかにもアカハラサギ(珍鳥)が好みそうな場所でしたが、姿を見せてくれませんでした。水位がもう少し低ければ・・・・。息子に見せてあげたかったな~。


15_20200822013816706.jpg

マメ科のワイルド・ポインセチア(Warszewiczia coccinea)に飛来した、ドクチョウの仲間です。赤い斑紋の縁がクッキリしていると、Heliconia erato petiverana、ぼやけているとHeliconius melpomene rosinaになります。

接写していないので、どちらかは分かりません。前者は自宅の庭でも観察できます。


ワイルド・ポインセチアには、シジミタテハチョウやシジミチョウが好んで飛来します。初見の種を期待したのですが、見事に裏切られました。もっとも大した時間を割いていないので、それが理由だったかもしれません。

16_2020082201381931e.jpg

野外レストランで、息子が見つけたバッタです。真剣に虫探しをしたら、色々な発見があったことでしょう。時間に余裕があったら、ツノゼミの仲間でも探してみたかったな~。

四~七枚目はキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

次回で家族旅行特集は終わります。フィナーレを飾るのは?

皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

    
2020/07/13

花鳥風月(第19回)久しぶりに、国立公園に行ってみたら・・・・

コロナ対策で国立公園、保護区は長く閉鎖されていました。一時的でしたが、感染者が著しく減ったためか、制限付きで訪問できるようになりました。そこで滝見学に出掛けました(←五月末)。

1_20200713000312982.jpg

これです!この鬱蒼とした雰囲気は、やはり国立公園などの大規模な森林ならではです。

2_20200713000313a86.jpg

ラテン名: Oncidium klotzschianum

この国立公園では、多彩なオンシジュームを観察できます。残念ながら、美しい種は乱獲され、ほとんど姿を消してしまったようですが・・・・。

3_20200713000315787.jpg

ラテン名: Anthurium scherzerianum

「フラミンゴ・フラワー」と呼ばれ、園内では普通に見かけます。日本で鉢植えとして、売られているかもしれません。

4_202007130003178ae.jpg

平凡な光景ですが、久しぶりの訪問だったので、妙に癒やされる感じでした。

5_20200713000319e43.jpg

ツルユリズイセン属、Bomareaの一種かと思います。ハチドリが吸蜜に飛来したら、絵になるでしょうね。

6_202007130003214fd.jpg

ラテン名: Masdevallia nidifica(上)、ラテン名: Stelis dressleri(下)

倒木に二種の蘭が咲いていました。倒木に着生している蘭を探すのが、とにかく楽しいです。「ダディ、これも蘭?」まだ蘭と他の花の見分けがつかない息子ですが、手伝ってくれると嬉しくなります。

ステリス属の識別は、専門家でも困難と何度も書いていますが、Stelis dressleriは私でも同定できます。ステリス属でありながら、レパンテス属のように花を咲かせます。

7_20200713000321e83.jpg

Erythrinaの仲間です。ハチドリとのコラボ撮影してみたいです

8_20200713000323b8d.jpg

ズグロ(カオグロ)ヒトリツグミです。和名が複数存在するみたいで、どれが正式なものか分かりません。金属音のような鳴き声が、心地よく響きます。

9_20200713000323329.jpg

Hyphinoe属?ツノゼミの仲間です。エクアドルで似たような種を見たことがあります。正面から撮影すると、エイリアン顔です。正面から撮ろうとしたら、飛ばれちゃいました。(^▽^;)


10_20200713000325ad7.jpg

滝見学のために訪問したのに、滝へ通じる散策路に入れませんでした!滝まで一本道で、他の訪問客とすれ違うことを懸念してとのことでした。コロナ・ウィルスのバカヤロー!!!

11_20200713000327d7f.jpg

それだけではありませんでした。休憩しようとしたら、ベンチもひっくり返されていて、座ることもできませんでした。コロナ・ウィルスのバカヤロー!!!

入り口にあるトイレ以外も、全て使用不可でした!コロナ・ウィルスのバカヤロー!!!

12_202007130003042fc.jpg

お目当ての滝は、遠くからしか見れませんでした。息子は水辺で砂金を探す、と張り切っていたのですが・・・・。(^▽^;)

13_20200713000306d92.jpg

Philodendron属は観葉植物として、日本にも多くが出回っているかと思います。鉢植えより、森の一部として自生している姿が、美しいです。

14_20200713000308361.jpg

アカエリクマタカの若鳥です。親もいました。撮影距離が数百メートルあって、デジタル・ズーム使用でも豆粒でした。仮に5,000ミリくらいの超望遠レンズがあっても、厳しいかも?


15_20200713000308149.jpg

ラテン名: Lepanthes caroli-lueri(固有種)

花の大きさが三ミリほどの蘭です。私のように意識して探さなければ、存在に気がつくこともないでしょう。広大な国立公園であれば、なおさらのことです。

こうした発見こそが、自然散策の醍醐味だと私は感じています。世界でもコスタリカにしか存在しないと思うと、得した気分にもなります。

16_2020071300030951b.jpg

絶えず動いているので、私のパワーショットでは撮影が難しい、ベニイタダキアメリカムシクイです(毎度のことながら、一眼を持参しなかったことを後悔・・・・)。

17_20200713000310015.jpg

息子が見つけた、ヘラクレスオオカブトムシです。残念ながら、長い角は折れ、しかも死んでいました。

生きた個体であれば、息子が飼育したいと言い出しかねないので、正直ホッとしました(←勿論、許可しませんけど)。

滝見学は実現しませんでしたが、久しぶりに、国立公園にて自然散策を楽しみました。森の規模が大きいと、癒やしの度合いも違うな、と思いました。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

夏休みに入ったためか、感染者が急増しました。政府が規制を強化し、再び外出禁止となりました(日、月曜日のみスーパー、薬局、病院に行けるだけ・・・・)。コロナ・ウィルスのバカヤロー!!!\(*`∧´)/ ムッキー!!

    
2020/05/21

花鳥風月(第18回)マスの養殖場で自然散策って、どういうこと?

1_202005210008210f9.jpg

コスタリカの高地では、マスの養殖が盛んに行われています。池で釣ったマスを、調理してくれたりもします。散策路が存在する養殖場もあり、蘭好きな私には貴重なスポットだったりします。

2_20200521000823808.jpg

養殖場の裏には、緑地が広がっています。

3_20200521000824aa7.jpg

宿泊できるキャビンもあります。

4_20200521000825439.jpg

いつの間にか橋ができていました。以前は長靴を履いて川を渡り、散策路に辿り着く感じでした。

5_2020052100082675a.jpg

この周辺で、少し虫を探してみました。

6 Campylocentrus
 
 Campylocentrus属

赤い斑紋がアクセントになっている、ツノゼミの仲間です。

7 Colapsis sanjoseana

ラテン名: Colapsis sanjoseana

食草だったようで、たくさんいました。

8 Gillonella ampulla

ラテン名: Gillonella ampulla

ヨコバイの仲間です。

9_20200521000831ad7.jpg

ハゴロモの仲間?

10_2020052100083304f.jpg

柑橘系のフルーツで、naranjillaと呼ばれています。高地の宿に泊まると、ホット・ドリンクとして食前に出て来たりします。ジャムやデザートとしても利用されているようです。栽培エリアからの、こぼれ種でしょうね。

11_20200521000834ab3.jpg

養殖場の一区です。

12_202005210008385f2.jpg

弱った個体を狙うクロコンドルです。マスの養殖場に行くと、かならずクロコンドルの姿を見かけます。

13 Dichaea trichocarpa

ラテン名: Dichaea trichocarpa

ディカエア属の蘭です。既に花も撮影しているのですが、未だに満足のいく一枚が撮れていません。残念ながら、この時は開花していませんでした。いずれ「野生蘭を求めて」で紹介します。

14Epidendrum radicans

ラテン名: Epidendrum radicans 

国内で最も目につく、地生種の蘭です。適切な標高であれば、あちこちで自生しています。開けた場所にのみ存在するので、コスタリカの森林破壊を示唆しています。

15_20200521000816047.jpg

モモアカヒワミツドリ

ミソサザイのように、藪の中をウロチョロしていました。らしからぬ行動だったので、何か特別な理由があったのでしょう。一眼を持参していなかったので、まともに撮影できませんでした・・・・。(T△T)

16_2020052100082048f.jpg

養殖場と周辺の景色です。コスタリカは低地だけでなく、高地の開発も進んでいて、はげ山も珍しくありません。貴重な蘭が、どんどん失われていきます・・・・。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    
2020/03/23

花鳥風月(第17回)蘭好きのオーナーと、意気投合しちゃいました!

コスタリカで自然散策して思うことは、緑地の多くが私有であるという点です。散策(蘭探し)に良さそうな場所を見つけると、大抵は有刺鉄線で囲まれていて、入ることができません。ですから、国立公園、保護区以外は、散策の場が限られています。

そこで私はホテル、ロッジの散策路を利用しています。小規模な緑地であっても、予期せぬ発見があったりします。

今回の花鳥風月の「舞台」は、とあるホテルの散策路です。たまたまYouTubeで検索していたら、ホテルの紹介動画がありました。散策路があり、蘭探しに最適な標高ということもあり、訪問することにしました。

私有地ばかりで、まともに蘭探しができないエリアだったということもあり、期待感もありました。到着するとオーナーが出て来て、散策路で蘭探しをしたいという意向を伝えました。

偶然にもオーナーが蘭好きで、悩みを抱えていました。宿泊客や日帰り訪問客が、敷地から蘭を盗掘していくとのことでした。

私はそういう現況が嫌で、貴重な野生蘭をカメラに収めています。「自然のものは、自然の中にあるからこそ美しい」という思想にオーナーも同意してくれて、直ぐに意気投合しました。以来、何度も訪問するようになりました。

1_2020032308261579a.jpg

この小さな滝の前で、結婚式をあげる地元民がいるようです。周囲には花が植えられているので、ハチドリやチョウが舞っています。

予想通り蘭の宝庫で、庭周辺の低木や散策路では多彩な種が見つかります。もっとも、大型種、希少種はほとんどなくなってしまったそうです。

2 ラテン名: Ornithidium fulgens

ラテン名: Ornithidium fulgens

3 ラテン名: Scaphyglottis bicallosa(固有種)

ラテン名: Scaphyglottis bicallosa(固有種)

4 ラテン名: Oncidium klotzschianum

ラテン名: Oncidium klotzschianum

5 ラテン名: Acostaea costaricensis

ラテン名: Acostaea costaricensis

ここでしか見たことがない蘭も数種あります。蘭探しに関して言えば、広大な国立公園や保護区が、ベストとは限りません。田舎道の杭に、貴重な種が着生していることもあります。

6_20200323082149d96.jpg

オーナーは野鳥も好きで、毎朝仕事前に探鳥するそうです。この小さな空間を「自分のサンクチュアリー」と呼んでいました。

7_20200323082150e90.jpg

ペット屋で売っていそうな雰囲気のある、チャガシラフウキンチョウです。

8_202003230821505ff.jpg

色違いですが、キノコの形したチョコレートを思い出しました。

9 キツネゴマ科

キツネノマゴ科の花です。蘭以外にも色々な花が散策路で見つかりそうです。

10_20200323082153b93.jpg

滝周辺にいました。トンボは全く分かりません。図鑑あるのかな?

11_20200323082155102.jpg

息子が散策路で見つけ、撮影しました。視点の違いからか、虫探しは息子の方が得意です。

12 アオセセリ属、ラテン名: Astraptes fulgerator 英名: Two-barred Flasher

アオセセリ属、ラテン名: Astraptes fulgerator 英名: Two-barred Flasher

息子が撮影したセセリチョウです。自宅にも植えてあるホタカソウですが、ハチドリ、チョウを磁石のように引き寄せます。標高1,100メートルくらいのエリアなので、蝶に関して言えば、未見種が多く存在していそうです。

13_202003230821582d7.jpg

クロハラオジロハチドリは生息範囲が狭く、普通種でもありません。ここではホタカソウが多数植えてあるため、容易に観察できます。

十一、十二枚目はソニーDSC-W1で撮影 
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    
2019/12/27

花鳥風月(第16回)蒸し暑いビーチで、何が撮れたの?

1

先月末にビーチに出掛けました。私にとってビーチは、最も退屈な場所と言えます。なぜなら、妻や息子が遊んでいる間、ずっと荷物番をしていなければならないからです。

例えばビーチの駐車場には、正規に雇われてもいない「カードマン」がいます。車を監視するからと言って、金を要求します。そして、その「ガードマン」が、車の中から貴重品を盗むケースさえあります。ちょっとでも気を抜くと、後悔することになります。

「ビーチじゃ、何もいないよな~」と思いながら、時間潰しに周辺で撮影しました。

2

砂ではなく、貝殻や砕けたサンゴが堆積した、一風変わったビーチです。お土産屋さんで売られているような立派な貝はありませんが、昔は普通に転がっていたのでしょうか?裸足で歩くと、痛いです。

3_20191227052749963.jpg

息子の一眼も持って行きましたが、流石にビーチで撮影したいとは言いませんでした。(^○^)

4_20191227052751f85.jpg

このビーチにはヤシの木が存在せず、なんだか物足りない気分になりました。やはり南国のビーチと言えば、ヤシの木でしょう(画像のヤシは近郊で撮影)?

5_20191227052750ead.jpg

我が家の周辺でも見かけるカワリリスですが、生息エリアによって色合いが異なります。北部では色合いが薄いようです。

6_20191227052750255.jpg

開けた場所で普通に見かける、オオハシノスリです。

7_2019122705274908f.jpg

高い場所にいたズアカムクドリモドキは、残念ながら証拠写真のみ。直ぐに飛びそうな予感がしたので、300ミリで撮りました。流石に距離が遠すぎました。パワーショットで大きく撮影しようと思ったら、飛び去ってしまいました。

8_201912270527482f3.jpg

ミクロタテハ属、ラテン名: Microtia elva elva 英名: Elf

砂浜に飛来するチョウを期待しましたが、シロチョウくらいしか見ませんでした。砂浜でなく、貝浜だから?この蝶も直ぐに藪に姿を消し、これしか撮れませんでした。しかも変なアングル・・・・。

9_20191227052751439.jpg

カッショクペリカンが水面スレスレに飛んだり、岩場で休憩していました。

10_20191227052721e5b.jpg

カッショクペリカン(若鳥)とアメリカオオアジサシです。

11_2019122705274815d.jpg

シュノーケリングで、綺麗な魚を色々と観察したそうです。

12_201912270527494a0.jpg

オナガクロムクドリモドキのメス、アメリカオオアジサシ?が写っているので、一応、野鳥写真です。(^▽^;)

七枚目のみキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

いつも、ご訪問&拍手ありがとうございます。これが今年最後の投稿になります。皆様、良い年をお迎え下さい。

    
2019/10/23

花鳥風月(第15回)蚊がウジャウジャいて、林内では撮影する余裕がありませんでした!

0_20191023011744314.jpg

アレナル火山は最も活動が盛んでしたが、もう何年も噴火がありません。温泉地でもあり、人気の観光スポットです。

新しい道路が開通し、自宅から日帰りで訪問することも可能となりました。必然的に、以前より訪問する機会が増えました。

明確な乾季がないエリアなので、頂上は雲に包まれていることがほとんどです。この日は幸運に恵まれました。

1_20191023011754967.jpg

サンショクキムネオオハシ

かなり距離があったので、息子の300ミリではどうかな、と思いました。

2_20191023011754976.jpg

アカミミインコ

オオハシより小型なだけに、息子の300ミリでは撮るだけ無駄かと思いました。トリミングして、なんとか掲載できるレベルになりました。息子にとっては初見のインコでした。

3_20191023011807a8e.jpg

ハナジロハナグマが餌を探していました。頻繁に動くので、私のパワーショットではブレまくりでした。結局、息子に任せました。

4_20191023011807152.jpg

カンムリシャクケイ

やはり息子に撮影を任せました。息子が撮影した画像ばかり・・・・。(-。-;)

5_201910230117596bb.jpg

ワライハヤブサ

大木にできた小さな「窓」から、目一杯ズームして撮影しました。息子の300ミリでは距離が遠いので、ようやく私の出番となりました!(^○^)パワーショットの超望遠でも、証拠写真レベルしか撮れませんでしたが・・・・。

6_20191023011803f1a.jpg

火山石がそこら中に転がっています。

7_2019102301180531f.jpg

林内は傾斜が激しく、木の根に足をとられないように、気をつけなければなりませんでした。こういった散策路は、毒蛇にも注意が必要です。

そして、とにかく蚊が多かった!立ち止まると、常に50個体くらいがまとわりつく感じでした。撮影すると、蚊が写って台無しになったり・・・・。ある程度は耐性ができている私ですが、長居はしたくないと思いました。妻と息子を林内に連れて来なかったのが、不幸中の幸いでした。

8_2019102301180310a.jpg

コスタリカでは珍しい地生蘭(九割が着生種)を見つけました。まだ属名など調べていません。

9_2019102301180434c.jpg

小鳥が好みそうな実がなっていましたが、蚊が鬱陶しいので、待つことは諦めました。

10_2019102301180608e.jpg

キオビスカシマダラ属、ラテン名: Scada zibia xanthina 英名: Zibia Tigerwing 

薄暗い林床を好む蝶なので、撮影機会は多くありません。

11_20191023011807e90.jpg

蚊には困りましたが、好天気での林内散策は、実に気持ち良いものです。癒やし効果が抜群!

12_2019102301180773d.jpg

林縁ではグリーンイグアナが、気持ち良さそうに日光浴していました。

13_20191023011807022.jpg

ラテン名: Catasetum maculatum

雌雄異花が存在する、ユニークな蘭です。残念ながら、既に枯れ始めていました(雄花)。


14_201910230117397d2.jpg

ハシナガハチドリ

カリブ海側の低地では珍種扱いで、同エリアでの観察は初めてでした。喉もとは赤紫なのですが、黒く潰れてしまいました。

遠距離だったので、証拠写真が精一杯でした。5,000ミリくらいのレンズがあったらな、と思いました。(^▽^;)

この日、火山と○○○○○のコラボ写真が撮れました。○○○○○とは?次回に掲載します。

二~五枚目はキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    
2019/08/12

花鳥風月(第14回)なにィ!双眼鏡が見当たらない!

家族旅行特集、その二

今回の旅行では、いきなりハプニングが起きました。なんと双眼鏡を忘れてしまったのです!過去に妻や息子が使う予備を忘れたことはありますが、まさか自分の双眼鏡さえも・・・・。双眼鏡なしで、どうやって自然散策しろと!щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

この時点で探鳥は諦めました。主目的である○○○○探しは、双眼鏡なしでも可能なので、それが不幸中の幸いでした。

1_20190812015852ed2.jpg

ホテルの散策路は川が流れていて、沼地が存在しました。ですから、吊橋が何か所か設置されていました。渡った後の浮遊感は、気持ち良いものではありません。

2_20190812015852121.jpg

沼地ではヤマセミの仲間が横切るくらいで、水鳥はほとんど見かけませんでした。

3_20190812015852a0c.jpg

猿が移動に使用していそうな蔓です。この散策路では三種の猿を観察しました。

4_20190812015911b47.jpg

コスタスの仲間です(ホザキアヤメ属)。

5_20190812015912f03.jpg

水面を走る、バシリスクトカゲです。画像では明るく見えるかと思いますが、薄暗い場所でジッとしていました。

自然散策に慣れていない方は、容易に見過ごしてしまうかと思います。別個体ですが、水上を走る姿も見かけました。

6_20190812015912f54.jpg

マダラヤドクガエルです。直ぐに葉裏に隠れてしまうので、意外と撮影が難しかったりします。林内の薄暗い場所にいることが多いので、手持ちだとブレが多発します。

7_20190812015912a46.jpg

ラテン名: Tropidacris cristata 

中米一大きなバッタだそうです。過去に妻がビックリして、後ずさりしたほどです。


8_2019081201591293f.jpg

Omophoita属のノミハムシです。


9_201908120159128c7.jpg

ヤシの実がたくさん落ちていました。ノドジロ(カオジロ)オマキザルが食事していました。腐敗した実に虫がたかるので、こういう場所にヤドクガエルが来たりします。

10_201908120159133db.jpg

一本の木のはずなのに、三叉とは?

11_20190812015913133.jpg

水辺ではハゲノドトラフサギが銅像の如く、ピクリとも動きませんでした。

12_201908120158378be.jpg

キエリミヤビゲラです。カリブ海側に生息する類似種、ホオグロミヤビゲラと違って、個体数が著しく減少しています。

13_20190812015842c7d.jpg

ラテン名: Brassavola nodosa

沿岸部で普通に見かける蘭です。ビーチにそびえ立つヤシの木などにも着生しています。

双眼鏡があれば、もっと色々な発見、出逢いがあっただろうな~。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    
2019/07/08

花鳥風月(第13回)肝心な時間帯に雨ばかりで、まともに散策できませんでした!

家族旅行特集、後編

ホテルの散策路は予想外に広く、聞こえて来る鳥の声からも、良質な森だと分かりました。ただし生き物が最も活発な時間帯は雨ばかりで、残念でした。乾季は料金が一気に跳ね上がるので、我々には宿泊できません。

1_20190708071706fa2.jpg

雨季は「青い川」ではなくなります。予備知識のない観光客がこの時期に訪問すると、落胆することでしょう。

2_201907080717070c7.jpg

一部のエリア以外は整備されていて、苦労することなく散策できます。

3_20190708071708091.jpg

前々回の家族旅行で、息子は初めて珍種ミドリヒロハシハチクイモドキを撮影しました(しかしピンあまだった)。今回は鮮明に撮れたとのことで、嬉しそうに画像を見せてくれました。


4_201907080717108f6.jpg

ブロメリア(アナナス)が目立ちました。我が家にも似たような種が植えてあるような?

5 Parastratocles

Parastratocles属?

散策路で最も目立つ生き物は、このナナフシでした。通常は保護色で気づかぬ存在ですが、たくさんいました。


6_20190708071713dcc.jpg

高湿なため、苔類がギッシリ着生していました。熱帯雨林の標高ですが、熱帯雲霧林に近い雰囲気がありました。

7_20190708071715e70.jpg

必然的に着生蘭の密度も濃い森でした。この倒木には無数の極小蘭(少なくとも五種)が着生していましたが、開花した株はありませんでした。

8_2019070807165201d.jpg

日中の一番暑い時間帯は森も静かで、虫撮影がメインとなりました。ヨコバイ探しも久しぶりでした。面白い形のツノゼミも見つけましたが、撮影できませんでした。

9 Ithomia diasia hippocrenis Diasia Clearwing トンボマダラ属

トンボマダラ属、ラテン名: Ithomia diasia hippocrenis 英名: Diasia Clearwing

晴天であれば、色々な蝶が飛来したかもしれません。この時は曇天で、他にセセリチョウ二種が吸蜜していただけでした。

10_201907080716550d7.jpg

ひっくり返って、もがいていました。未だに恩返しはありません。(^▽^;)

11_20190708071657a1e.jpg

私が撮影した画像はブレていて、息子が撮影した一枚のみ掲載できるレベルでした。(^▽^;)

12_2019070807165833b.jpg

カカオです。コスタリカでは「チョコレート・ツアー」があって、チョコレートができるまでの過程を見せてくれます。

13_20190708071659e63.jpg

げっ歯類のマダラ・アグーチです。大きな腫瘍があって、痛々しく見えました。

14_20190708071701930.jpg

ようやく青空が見えました!

15_201907080717022fb.jpg

クロズキンムクドリモドキです。高い場所にとまっていて、綺麗に撮ることはできませんでした。

16_20190708071704dcb.jpg

水の色も少し青くなっていました。乾季だとターコイズブルーに染まって、神秘的な雰囲気になります。

三枚目はキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影
十~十三枚目はキャノン・パワーショットSX710HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/