2020/11/25

岩に着生している蘭を、初めて見ました!

1a Prosthechea livida

ラテン名: Prosthechea livida

1b_20201125012152030.jpg

こんな感じで、咲いていました。

岩に着生する蘭が存在することは、図鑑の記述で知っていました。「岩に着生?」でも実感が湧きませんでした。

実際に観たのは、四年ほど前になります。巨岩に着生しているのを見つけて、妙に感動したのを覚えています。ただし木の幹に着生していることが、圧倒的に多いようです。

1c_20201125012154a2a.jpg

怖い思いをしながら撮影した別株

ちなみに、この蘭の初見、初撮影は冷や汗ものでした。すぐ近くに、大きな蜂の巣があったからです。周囲でブンブン飛んでいたし・・・・(^▽^;)

2a Epidendrum talamancanum

ラテン名: Epidendrum talamancanum

2b_20201125012145649.jpg

こんな感じで、咲いていました。

過去に見た目がソックリな、Epidendrum muscicolaを掲載しました。


Epidendrum talamancanumは萼片がわずかに短く、葉の長さ、細さも異なるようです。花のサイズがほぼ二倍(1.5センチほど)あるので、咲いていれば識別できます。

3a Elleanthus hymenophorus

ラテン名: Elleanthus hymenophorus

3b_202011250121479db.jpg

こんな感じで、咲いていました。

林縁、牧草地に残された木で見かけます。斜面などで、地生していることもあります。この色合なので、遠くからでも目立ちます。

4a Pleurothallis pruinosa 6mm

ラテン名: Pleurothallis pruinosa

4b_202011250121496e4.jpg

こんな感じで、咲いていました。

国立公園との境界線にある、低木に着生していました。牧草地にある低木でも見かけます。過去に何度も撮影しているのですが、なかなか鮮明に撮れない「苦手な蘭」です。花の大きさは五ミリほどあります。

最後の二枚のみキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    
2020/10/21

撮影の難易度が高い(?)、地生蘭です!

1a Warrea costaricensis 4cm

ラテン名: Warrea costaricensis 

1b_20201021011309f3d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

コスタリカで記録されている蘭の九割は、着生種と言われています。Warrea costaricensisは四センチほどの花を付ける地生種で、株は最大で六十センチほどになるようです。

当たり前のように極小類の蘭(ミリ単位の花)を撮影している私にとって、四センチの花の撮影が何故難しいのか?

第一の理由は花茎が華奢で、花がダラリと下を向いてしまうことが多いからです。ですから三脚を使用し、下から急角度で撮影しなければなりません。

第二の理由は虫による被害です。唇弁などボロボロにされます。綺麗に咲いている株を、観たことがありませんでした。

ある日、今にも咲きそうな株を見つけました。ようやく新鮮な花を撮影できると思い、翌朝に出向くと、既に虫がたかっていました!

単純に、巡り合わせが悪かっただけかもしれません。ブログに掲載できる株を見つけるまで、かなりの時間を費やしました。

2a Epidendrum alfaroi

ラテン名: Epidendrum alfaroi

2b_20201021011300f52.jpg

こんな感じで、咲いていました。

色々な場所で見かける、普通種です。この株を撮影した保護区では、あちこちで着生しています。管理者が散策路を整備した後だったようで、地面に落ちている株も多かったです。

3a Camaridium haberi endemic

ラテン名: Camaridium haberi(固有種)

3b_202010210113031ee.jpg

こんな感じで、咲いていました。

保護区近くの道路沿いで、見つけました。近くに食堂があって、そこの経営者が蘭を盗掘して、店前に飾っています(保護区から採集した、と話していた←しかも入園料も払わずに、勝手に侵入する悪人ぶり。そういうこと平然と話せるのも理解できません)。\(*`∧´)/ ムッキー!!

この蘭は固有種ですし、彼に見つかることがないように、と祈りました。人が磔にされているような印象を受ける花?

4a Stelis crystallina endemic 3mm

ラテン名: Stelis crystallina(固有種)

4b_20201021011306eef.jpg

こんな感じで、咲いていました。

国立公園で見つけました。種の識別が非常に難しい属ですが、同公園にて撮影した画像をネッ上で見つけ、同定することができました。 

撮影に使用したリコーCX5は、F値をマニュアル変更できません。ピントが中央部しか合っていないのが、残念でした。パワーショットで撮影すれば良かった・・・・。

着生していた倒木が管理者によって処理されてしまったようで、その後、撮影のチャンスもありません。花の大きさは、三ミリほどしかありません。

最後の二枚のみリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    
2020/09/14

息子と蘭探しすると、いいことがある?

1a Telipogon leila-alexandrae endemic

ラテン名: Telipogon leila-alexandrae(固有種) 

1b_20200914092050f03.jpg

こんな感じで、咲いていました。

息子は野生蘭には興味がなく、蘭探しの時は別行動がほとんどです。コロナ対策で、車での外出禁止が続いていました。ようやく規制が緩和され、この日は久しぶりに蘭探しに出掛けました。

目新しい種も見つからず、未訪問のエリアに移動しました。珍しく息子が一緒に蘭探しする、と言いました。野鳥撮影の時もそうですが、やはり共に行動する方が楽しいものです。

雨が降り出す前に見つけたのが、このテリポゴン属でした。

息子「初見の蘭?」
私 「この属は類似種が多くて、識別が難しいんだよね。でも未見種じゃないかな~」

帰宅後に初見、しかも固有種だと判明しました。

私 「初見の蘭だったよ。しかも固有種だったから、嬉しさも二倍!」
息子「やった~」
私 「一緒に蘭を探してくれると、いいことある気がする。以前にも、見たかった蘭を撮影できたの覚えてる?あの時も黄色だったな~」


2a Specklinia fulgens

ラテン名: Specklinia fulgens

2b_20200914092053a51.jpg

こんな感じで、咲いていました。

今にも雨が降り出しそうな空模様で、しかも霧が発生している状況でした。そういう時に限って、初見の蘭を見つけることが多かったりします。急いで撮影し、散策路の出口に向かいました。

3a Sobralia blancoi endemic

ラテン名: Sobralia blancoi(固有種)

3b_20200914092056452.jpg

こんな感じで、咲いていました。

蘭の自生地は、よく風が吹きます。この撮影エリアは典型例で、絶えず吹いています。こういった環境でミリ単位の極小蘭を撮影するのは、困難を極めます。

幸いにもソブラリア属は大型の花を付けるので、なんとか撮影できました。過去に何度も書いていますが、この属は「一日咲きの蘭」として知られています。二、三時間で枯れ始める種も存在します。

この株は着生でしたが、地生株もあるようです。花の大きさは十センチほどあります。

4a Epidendrum vulgoamparoanum

ラテン名: Epidendrum vulgoamparoanum

4b_20200914092047af0.jpg

こんな感じで、咲いていました。

太平洋側の低地で、よく見かける蘭です。ビーチの低木にも着生しているので、直射日光にも耐性があるのでしょう。

この株は川辺に着生していましたが、別株をビーチで撮影したことがあります。その時、若い米人女性(大学生?)に、何を撮影しているのかと聞かれました。

私 「蘭、オーキッドです」
女性「オーキッド?なにそれ?」

蘭も知らないの、と正直ビックリしました。

七、八枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    
2020/07/06

森林が消失したエリアでも、健気に蘭が咲いていました!

コスタリカは環境保全国と言われていますが、国立公園、保護区以外は酷いもので、まともな森林が残っていません。低地だけでなく、高地まで開発が進み、「はげ山」ばかり目立ちます。

未見種を求めて、新たなエリアを訪問しました。本来なら蘭がたくさん自生している標高だったのですが、株を見つけることさえ困難でした。

1_20200706071505262.jpg

プランテーションが延々と続くエリア(←コスタリカの知られざる姿)

なぜなら、森林が全てプランテーションに成り果てていたからです!緑地が見当たらないので、地元民に質問することにしました。

「野生蘭の調査しているのですが、この辺に緑地はありませんか?」
「ないよ。全部プランテーションになってるから。隣町ならあるんじゃないかな~」

森林が消失したことに対して、後ろめたさもない、素っ気ない返答に思えました。

2_2020070607150697f.jpg

こうして野生蘭が姿を消していきます・・・・

こんな環境で探すのは絶望的だと思いましたが、散策を続けました。しばらくして、道端に切り倒された木を見つけました。枝には蘭がたくさん着生していました。

自然好きの私にとって、これほど残酷な光景はありません。背後に広がるプランテーションを見て、こんなに悲しくなるのは私だけでしょうか?

紹介する最初の二種は、同エリアにて根性で見つけました。いずれもプランテーション沿いの低木に、着生していました。

後半の二種は隣町で見つけました。隣町もプランテーション、牧草地が多いのですが、まだ少し緑地が残っています。

3a Camaridium horichii

ラテン名: Camaridium horichii

3b_2020070607145297a.jpg

こんな感じで、咲いていました。

コーヒー・プランテーション沿いの低木に、着生していました。コーヒーの産地ゆえに、コスタリカから多くの緑が消えてしまいました。

私は自身のために、コーヒーを一度も購入したことがありません(間接的に自然破壊に貢献した気分になるから・・・・)。過去に、コーヒー好きの父に贈ったことがあるだけです。コーヒーなしでも生きていけるので、残された自然を大切にして欲しい。

4a Camaridium gomezianum

ラテン名: Camaridium gomezianum

4b_20200706071457254.jpg

こんな感じで、咲いていました。

花がバルブや葉で隠れていたので、見つけた時は嬉しかったです。しかも初見でした。興奮も束の間、後ろに広がっているプランテーションを見て、一気にテンションが下がりました・・・・。

5a Lepanthes lindleyana

ラテン名: Lepanthes lindleyana

5b_20200706071503963.jpg

こんな感じで、咲いていました。

隣町で見つけました。このエリアでは普通種で、道端の低木に着生しています。雨が降り出したので、急いで撮影しました。花の大きさは三ミリ足らずしかありません。

6a Oncidium storkii

ラテン名: Oncidium storkii(固有種)

6b_202007060715059f0.jpg

こんな感じで、咲いていました。

許可を得て入った、私有地で見つけました。この私有地は大型の株が残っていて、希少種も撮影しています。いずれ紹介したいと思います。

オンシジューム属としては小型で、花の大きさは二センチほどあります。この属は黄色に茶色の模様が一般的なので、黄色に緑色の模様なしは新鮮に見えました。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    
2020/06/14

地上三十数メートルから、この蘭を撮影しました!

1a Brachionidium polypodium

ラテン名: Brachionidium polypodium

1b_20200614231503862.jpg

こんな感じで、咲いていました。

1c_202006142315088d1.jpg

揺れるキャノピー・ブリッジ

森の樹冠部を観察できる、キャノピー・タワー、ブリッジがあります。この蘭は揺れる橋の上で、撮影しました。

地上から三十メートル以上はあったと思うので、下を見ると少し怖かったです。ジッとしていても微妙な揺れがあり、撮影は容易ではありませんでした。見たかった属だったので、嬉しかったです。

2a_20200614231503315.jpg

Stelis属の一種

2b_2020061423151085c.jpg

こんな感じで、咲いていました。

ステリス属の蘭は、通常ミリ単位の花を多く咲かせます。この種は一センチほどの花を一、二輪のみ咲かせる感じでした。

過去に何度も書いていますが、ステリス属の同定は、専門家でも容易ではありません。同種の画像をネット検索で見つけましたが、やはり種の識別はされていませんでした。

3a Epidendrum physodes

ラテン名: Epidendrum physodes

3b_202006142315109f8.jpg

こんな感じで、咲いていました。

画像では明るく見えるかと思いますが、今にも雨が降り出しそうな空模様でした。土砂降りは勘弁だと思い、散策路の出口に向かいました。

出口付近で見つけたのが、この蘭でした。予想通り雨が降り始めましたが、なんとか撮影に間に合いました。

4a Pleurothalis janetiae endemic

ラテン名: Pleurothalis janetiae(固有種)

4b_20200614231456926.jpg

こんな感じで、咲いていました。

川辺の倒木で見つけました。接写するには、水の中に入る必要がありました。車は駐車場に停めてあり、長靴もありません。

結局、三脚を急角度にして撮影し、濡れるのを回避することができました。この倒木には複数の極小蘭が着生していましたが、咲いていたのは一株のみでした。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    
2020/05/13

雨の中、これらの蘭を撮影しました!

1a Brenesia aspasicensis

ラテン名: Brenesia aspasicensis

1b_20200513080009d5d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

この蘭を見つけた時、雨が降っていました。崖っぷちの木に着生していて、花はそっぽを向いていました。どうやって撮影しようか考えているうちに、どんどん雨が激しさを増しました。

片手は傘を持つのに必要です。葉先をつまんで、花をこちら側に向かせなければ撮影できません。手数が足りないので、車内で待っていた妻に手助けしてもらいました(撮影後、ずぶ濡れ状態)。

見つけた途端に雨が降り出すケースもあり、その度に自分の不運を呪います。(^▽^;)

2a Epidendrum barbae

ラテン名: Epidendrum barbae

2b_20200513080011e83.jpg

こんな感じで、咲いていました。

同じく雨天での撮影でした。霧雨でしたが、強風に悩まされました。標高2,700メートルくらいの場所だったので、寒さで震えながらの撮影でした。

3a Camaridium paleatum

ラテン名: Camaridium paleatum

3b_20200513080014e3b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

家族でハイキングしていました。ランチを兼ねて休憩したエリアで、たくさん開花していました。雨が降り出したので、まともな休憩時間もとれずに撤退しました。標高2,800メートルくらいの場所でしたので、やはり震えながらの撮影でした。

4a Campylocentrum brenesii

ラテン名: Campylocentrum brenesii?

4b_20200513080006e3a.jpg

こんな感じで、咲いていました。

小雨の中、撮影しました。たくさんの花を咲かせますが、個々の大きさが二ミリ足らずしかありません。傘をさしながらのピント合わせは、困難を極めました。類似種が多く、識別は更に困難を極めます。

一、二枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
三、四、七、八枚目はリコーCX5で撮影
五、六枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

    
2020/04/18

えっ!こんな場所に、希少な蘭が咲いているとは!

「蘭探しに関して言えば、広大な国立公園や保護区が、ベストとは限りません」先日、そんなことを書きました。今回は、その典型例です。

1a Lycaste brevispatha

ラテン名: Lycaste brevispatha

1b_202004181421484ac.jpg

こんな感じで、咲いていました。

蘭好きの方であれば、リカステ属をご存知かと思います。多くの園芸種が存在し、Lycaste brevispathaは、それらの原種です。

過去に何度も書いていますが、大きな花を付ける蘭は、ほとんどが自然界から姿を消しています。この蘭のデータを知り合いの学者に送った時、貴重な発見だと褒められました。d(゚-^*) ナイス♪

Lycaste brevispathaをネットで検索してみて下さい。どの画像も鉢植えで、自生している株の画像は出てきません。コスタリカに限らず、リカステの仲間を自然の状態で見つけることは、非常に困難だと言われています。

1c_20200418142200bf7.jpg

緑のカラー・バリエーション?

1d_20200418142201464.jpg

リカステ属は開花時に、落葉しているのが一般的です(既に葉が生えている株もありました)。

1e_20200418142503a89.jpg

イチジクの大木に着生していて、二十株ほど確認できました。他にもヘテロタクシス属、クイットラウジナ属の株が、たくさん着生していました。

1f_20200418142504026.jpg

イチジクの木へのアクセスは、こんな感じです。コーヒー・プランテーションへ続く道で、周囲には森林が存在しません。

以前は緑が広がっていて、大木のみ切り倒されなかったのでしょう。こんな場所でも希少種が残っているのですから、蘭探しは奥が深いです。

蘭マニアに見つかれば、たちまち盗掘されてしまう懸念があります。ただ高い場所に着生しているので、大丈夫かとは思いますが・・・・。

ちなみに発見したのは去年の春で、その時は多くの花が枯れ始めていました。今年は二週間早く出向いたため、なんとか撮影できました。

その後、コロナ・ウィルス感染拡大で政府が外出自粛、外出禁止令を出したため、自然散策も我慢せざる得なくなりました。

2a Camaridium biolleyi

ラテン名: Camaridium biolleyi

2b_20200418142624afe.jpg

こんな感じで、咲いていました。

通常はそこそこ大きな木に着生し、数十の花を咲かせます。この株は花数も少なく、斜面から自生しているような感じでした。

数十もの花を付けるとゴチャ、ゴチャした印象で、大抵の場合、一部は枯れ始めます。ですから、綺麗に撮るのが難しい種だと思います。

3a Lepanthes ferrelliae endemic

ラテン名: Lepanthes ferrelliae(固有種)

3b_20200418142143dd0.jpg

こんな感じで、咲いていました。

レパンセス属としては、大きめの花を付けます(一センチほどで、通常は三~五ミリ)。私有地に続く小道に、たくさんの枝が積まれていました。それらの枝には多数の極小類が着生していました。唯一咲いていたのが、Lepanthes ferrelliaeでした。

4a Epidendrum odontochilum

ラテン名: Epidendrum odontochilum

4b_20200418142146e8d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

本格的に蘭探しを始めて、最初に見つけた種です。見た目は地味で、あちこちで自生していました。それでも「第一号」でしたので、夢中になって撮影した記憶があります。自然の一部として、蘭が咲いている。素直に感動しました。

十一、十二枚目はリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


私が参照しているデータベース「Epidendra」ですが、データの消失により、現在リンク切れになっています。

皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

    
2020/03/14

バリエーションだって?別種の蘭に見えちゃいます!

1a Epidendrum wercklei endemic

ラテン名: Epidendrum wercklei(固有種) 

1b_2020031411184071e.jpg

こんな感じで、咲いていました。

地味系が多いエピデンドラム属ですが、Epidendrum werckleiは魅力的だと思います。花の大きさは一センチほどしかありませんが、とにかく多くの花を咲かせます。これで大きな花を付ける種であれば、直ぐに盗掘されることでしょう。

1c_20200314111841341.jpg

逆さまに咲いていたので、画像を180度回転させています(別株)。

1d_202003141118285fd.jpg

こちらは斑紋が少なく、未見種だと思いました。それでデータベースで調べたのですが、該当する種が見つかりませんでした。そこで知り合いの蘭学者に聞いたところ、Epidendrum  werckleiのバリエーションだと判明しました。

最初に撮影した株が、逆さまに花を付けていたこともあって、印象も異なりました。唇弁の形も違うような?見た目がソックリでも別種だったり、異なっても同種だったり、奥が深い世界です。

2a Pleurothallis angusta

ラテン名: Pleurothallis angusta

2b_20200314111831701.jpg

こんな感じで、咲いていました。

頻繁に訪問する、国立公園のピクニック広場で見つけました。週末はバーベキューを楽しむ家族で賑わうので、そういう場所で撮影するのには勇気が要ります。撮影対象が小さいので、第三者には何を撮影しているかも分からないでしょうから・・・・。(^○^)

3a Systeloglossum acuminatum endemic or costaricense

ラテン名: Systeloglossum costaricense?

3b_20200314111834979.jpg 

こんな感じで、咲いていました。

類似種、Systeloglossum acuminatum(固有種)かもしれません。システログロッスム属は五種しか存在しません。にもかかわらず二種が良く似ており、識別に悩みました。結局、データベースを参照して、花の大きさで判断しました。 

4a Stelis argentata

ラテン名: Stelis argentata

4b_20200314111837800.jpg

こんな感じで、咲いていました。

識別が最も難解なステリス属ですが、この種は図鑑やネット上の画像を頼りに同定しました。ただしカラー・バリエーション、類似種が多いので、知り合いの蘭学者に確認してもらいました。「ステリス属の一種」として掲載することが一般的なので、種レベルで分かって嬉しかったです。

一~四枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
五、六枚目はリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


コスタリカでもコロナ・ウィルス感染者が急増しています。皆さんも不安な日々を送っているかと思いますが、負けないで下さい。良い週末を!\(^▽^)/

    
2020/02/19

小型の蘭しか残っていない?でも「大物」が!?

1a Brassia arcuigera

ラテン名: Brassia arcuigera

1b_20200219201353bcc.jpg

こんな感じで、咲いていました。

道端で蘭探しをしていたら、見慣れない種を見つけました。しかし有刺鉄線があって、近寄れません。地主さんに許可を得て、近くで撮影させてもらおうと思いました。

入り口に一人の女性が来て、蘭の撮影をしたいと説明しました。「撮影だけなのか?」と質問してきました。最初、意味が理解できなかったのですが、自生している蘭を採るなということだったのです。

どうやら夫婦で管理している、小さな保護区みたいでした。奥さんが蘭好きで、敷地から蘭が盗まれることを嘆いていました。

「昔は大型種も存在したのだけど、今は小型種しか残っていないと思うわ。みんな盗掘されてしまったから・・・・」コスタリカでは、よくある話です。

とにかく見慣れない種を撮影したかったので、入場料を払って中に入りました。周囲の低木には、極小類がたくさん着生していました。

お目当ての蘭を撮影後、敷地内をくまなく調べることにしました。

時間が経過



1c_20200219210234309.jpg

「あっ!スパイダー・オーキッド!」」急斜面の低い場所に着生していたため、盲点となっていたのでしょう。←危ないから、急斜面を降りるな~。(^▽^;)

このエリアに存在することは、知っていました。なぜなら、近くにある民家の庭に飾られていたからです(←保護区から盗掘?)。

以前に掲載したBrassia gireoudianaほど大きな花ではありませんが、それでも二十センチを超す花を咲かせる大型種です。


撮影後、奥さんと話をしたところ、以前は何株も自生していたそうです。「これが最後の一株かもしれないわ」悲しそうに話をしていました。

そして、この株も後に盗掘されてしまいました。この国には非常識な人間が、一体どれだけいるのでしょうか?悲しい限りです。(T△T)

1d_202002192013564bf.jpg

別のエリアで撮影した株です。カラー・バリエーションが存在します。この株も消えてしまいました・・・・。

2a Homalopetalum pumilio

ラテン名: Homalopetalum pumilio 

2b_202002192013447ab.jpg

こんな感じで、咲いていました。

冒頭で書いた、見慣れない蘭は初見の属でした。こういった形をした花は、極小類に多いのですが、花の大きさは六センチほどあります。

何度も訪問を繰り返しているうちに、このエリアでは普通種だと分かりました。道端の低木や杭に、普通に着生していました。

この蘭を見つけなければ、最初に紹介した「スパイダー・オーキッド」との出会いはありませんでした。そういった意味で、忘れられない種となりました。

3a Dichaea panamensis

ラテン名: Dichaea panamensis

3b_20200219201347ab0.jpg

こんな感じで、咲いていました。

初見はツアーの訪問先でした。何度も訪問を繰り返すも、綺麗に咲く株とは縁がありませんでした。

この株は保護区に行く途中、道端で見つけました。これほど赤味を帯びた個体は見たことがなかったので、夢中になって撮影しました(白いカラー・バリエーションしか見たことがなかった)。

4a Maxillaria exaltata

ラテン名: Maxillaria exaltata

4b_20200219201350efd.jpg

こんな感じで、咲いていました。

同じく、保護区近くの道端で撮影しました。頻繁に訪問する国立公園でも普通種でしたが、何故かイイ感じに撮影できていませんでした。ようやく、ブログに掲載できる一枚が撮れました(妥協した感があるのですが・・・・)。

四枚目のみリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


    
2019/12/19

疲労がピークに達した時に、この蘭を見つけました!

1a Scaphyglottis sigmoidea

ラテン名: Scaphyglottis sigmoidea

1b_20191219082429ee4.jpg

こんな感じで、咲いていました。

四年ほど前に撮影しました。四駆でも入り込めない悪路で、途中から長靴を履いて歩きました。道は泥々、長靴で歩くのも容易でありませんでした。ヘトヘトになり、引き返そうかと思った時に見つけたのが、この蘭でした。

コスタリカでは橙色の蘭は希少で、嬉しい出会いとなりました。グアリアンセ属(旧カトレア属)に同色の種が存在するのですが、自然界で見ることは非常に困難とされています。国花蘭と同じく、ほぼ根絶やしにされてしまったからです。


知り合いの蘭学者でさえ、自然の状態で咲いている株を見たことないそうです。ホテルの庭や植物園では、よく見かけるのですが・・・・。

2a Octomeria valerioi

ラテン名: Octomeria valerioi

2b_20191219082432af3.jpg

こんな感じで、咲いていました。

田舎道の低木に、咲いていました。葉の形状がユニークだと思ったのですが、オクトメリアという初見の属でした。Octomeria costaricensisという別名もあり、最初に発見されたのがコスタリカだったようです。現在では隣国でも記録があり、固有種ではありません。

3a Lepanthes kleinii endemic

ラテン名: Lepanthes kleinii(固有種) 

3bb.jpg

こんな感じで、咲いていました。

特別許可を得て、国立公園の立ち入り禁止エリアを歩いている時に見つけました。参考にしているデータベースから、園内で自生していることを知っていたので、ようやく見つけたという安堵感がありました。花の大きさは四ミリほどあります。

4a Telipogon gracilipes endemic

ラテン名: Telipogon gracilipes(固有種)?

4b_20191219082426109.jpg

こんな感じで、咲いていました。

テリポゴン属は識別が難しい種が多く、知り合いの蘭学者に依頼しました。この属の研究はあまり進んでいないようで、たぶんTelipogon gracilipesだろうとのことでした。DNAレベルで調べないと、正確に同定できないのかもしれません。

一、二枚目はリコーCX5で撮影
三~六枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
七、八枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/