2019/10/16

息子が撮影に協力してくれた、思い出深い蘭です!

6a Psygmorchis crista-galli

ラテン名: Psygmorchis crista-galli

6b_201910160024170e6.jpg

こんな感じで、咲いていました。

6c_20191016002418a7f.jpg

息子が見つけてくれた、別株です。

この日は息子と山道を歩きました。帰り際に斜面で見つけたのが、今回紹介するPsygmorchis crista-galliです。

私 「ようやく見つけた!この蘭、前から見たかったんだよね~。」
息子「じゃあ、ダディの撮影を手伝うよ」

撮影に集中できるように、私に近寄って来る蚊を振り払ってくれました。

息子「こっちにも咲いてるよ!」

普段は蘭に興味がない息子ですが、別株を見つけてくれました。

息子「大きな帽子を被って、ドレスを着た女の人みたいだね」
私 「そうだね」
息子「アー、ユー、ハッピー?」
私 「イエス!今日は、これだけで十分。ダディはハッピーだよ」
息子「良かった。ダディがハッピーでないと、僕もハッピーになれないから
私 「撮影の手伝いや別株を見つけてくれて、ありがとう。おかげで、良い思い出ができたよ」

この後、親子でハグ、ハグ。

注: 息子は米人の妻との間に生まれ、普段は英語で会話しています。また、ハグを強要されることがあります。←見た目は日本人で、中身は米人(^○^)

息子と自然散策することが、以前からの夢でした。ですから幼少時から、森に連れて行きました。そして息子も十歳になりました。「あと何年、純粋な気持ちで親を想ってくれるのかな?この瞬間を大切にしなくちゃ」そんなことを考えながら、妻との合流地点へ向かいました。

小株にもかかわらず、割と大きな花を付けます。そのアンバランスさも魅力的だと思います。花の大きさは三センチ半ほどあります。

253ee Pleurothallis sanchoi 5mm

ラテン名: Pleurothallis sanchoi 

253f.jpg

こんな感じで、咲いていました。

自宅から車で、三十分ほどのエリアで見つけました。撮影しようとしたら、雨が降り始めました。雨は強くなる一方で、途中で撮影を断念しました。花の大きさは五ミリほどあります。 

549a Masdevallia marginella endemic

ラテン名: Masdevallia marginella(固有種)

549b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

この日は開花している株が見当たらず、唯一見つけたのが初見のMasdevallia marginellaでした(開花株を見つけるのは、容易ではない)。固有種だったので、得した気分になりました。

164a Lepanthes latisepala 5mm endemic

ラテン名: Lepanthes latisepala(固有種) 

164f.jpg

こんな感じで、咲いていました。

縦長でスリムな花を付ける属なので、Lepanthes latisepalaは「太った」印象を受けます。朝夕は寒い、標高2,500メートル以上のエリアで観察できます。花の大きさは五ミリほどあります。

最後の二枚はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


関連記事
    
2019/10/09

アメリカムラサキバン、アメリカレンカク、アメリカササゴイ 息子に撮影を任せてみたら・・・・

私は水鳥には、あまり興味がありません。ですから最初はアシストに徹して、息子に撮影を任せることにしました。

1_2019100901210109b.jpg

2_20191009012144c80.jpg

日陰だと本来の色が、シッカリと写ります。地面に落ちていた、果実を食べているようでした。

3_20191009012144b8e.jpg

サンサンと輝く太陽下で撮影すると、このように黒く潰れてしまいます。

4_20191009012144333.jpg

5_20191009012142bda.jpg

6_201910090121440f6.jpg

アメリカレンカクも撮影が難しい被写体です。目が写りません。多分、私が撮影しても同じ結果でしょう。(^▽^;)

7_201910090121442e5.jpg

アメリカササゴイの若い個体です。保護色なので、直ぐに居場所が分からなかったようです。「息子よ。鳥探しに関しては、まだまだ修行が足りぬぞ」(^○^)

この日、息子が撮影しまくりで、私の出る幕はありませんでした。

私 「ダディにも一眼貸してよ~」
息子「もうちょっと待って」 マヂ(゚∀゚;)Dё

8_2019100901214491a.jpg

虫を撮影している息子(当時五歳)

9_20191009012044b59.jpg

何を撮影しているの?(現在)

息子が撮影を始めて、五年ほど経ちました。そろそろ露出変更を教えるべきなのかな、と思い始めています。

液晶画面を見ながら、「もっと明るくして」、「もっと暗くして」とリクエストされる時があります。ただ私自身が、適正露出を把握していないこともあるんですよね~。(T△T)

八枚目はリコーCX5で撮影
九枚目はキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
残りは全てキャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影

関連記事
    
2019/10/02

水辺に色々な蝶が、飛来しました!


妻が綺麗なシジミチョウを見つけてくれた後は、水辺に飛来した蝶を撮影しました。全部は紹介しきれないので、一部を掲載します。

22a.jpg

22b.jpg

アカガネタテハ属、ラテン名: Dynamine postverta mexicana 英名: Mexican Sailor 

ラテン名がDynamine mylittaから変更されたようです。

モルフォチョウとは濃淡に違いがありますが、メタリック・ブルーが美しい小型のタテハチョウです。アカガネタテハの仲間では、最も普通に観察できるようです。自宅近くの緑地でも、見たことがあります。

19_20191002221419979.jpg

ベニオビタテハ属、ラテン名: Anartia fatima fatima 英名: Banded Peacock

最も頻繁に見かけるタテハチョウです。開けた場所を好み、林内には入り込みません。森林伐採で牧草地だらけのコスタリカでは、ウジャ、ウジャいて当然です。自然番組で常に美化されていますが、皆さんが思うほど緑豊かな国ではありません。

20_20191002221426ff6.jpg

Ebrietas属(和名なし?)、ラテン名: Ebrietas anacreon anacreon
英名: Common Bent-Skipper

コスタリカの蝶図鑑にはシジミチョウ、セセリチョウの記載がありません(図鑑が未完のまま)。ですから、データベース、Butterflies of Americaとメキシコの蝶図鑑で補完しています。

種のレベルとなると、識別できないことがあります(類似種が複数存在するケース)。このセセリチョウは、詳しい方に識別してもらいました。英名にあるように、前翅が少し曲がっています。

21a_20191002221426e1e.jpg

21c_20191002221425eb8.jpg

ツルギタテハ属、ラテン名: Marpesia berania fruhstorferi 英名: Berania Daggerwing 

色合いや模様が微妙に異なる、メスも既に撮影済みです。いずれ紹介したいと思います。生息エリアであれば、プールサイドなどでも見かけます。

23a.jpg

23b_20191002221410c0a.jpg

アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne poecile 英名: Poecile Checkerspot 

「コスタリカではレアな標本」と図鑑に記載があります。よく見かける蝶なので、標本が単純に少ないということなのでしょうか。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

関連記事
    
2019/09/26

独立記念日に咲いている蘭だって~!?

6a_20190926011023568.jpg

ラテン名: Barkeria lindleyana

6b_2019092600532281d.jpg

こんな感じで、咲いていました。

十五日はコスタリカの独立記念日でした。今回紹介するBarkeria lindleyanaは、独立記念日の前後に開花する美麗種です。

地元では「九月十五日の蘭」と呼ばれています。ピンク、紫、白のカラーバリエーションが存在するようです(白は希少)。 花の大きさは六センチほどあります。

6c_20190926005323b21.jpg

グアバなどの低木にも着生していて、盗掘されないか心配になります。実際、撮影エリア近くの民家で飾られていました・・・・。\(*`∧´)/ ムッキー!!

6d_20190926005325586.jpg

二十以上の花を咲かせる株もあり、見栄えします。

6e_2019092600532617e.jpg

あちこちに着生していて、遠くからでも目立ちます。この光景を見て、国花の蘭を見つけた日のことを思い出しました。


色合いが似ているせいか、Barkeria lindleyanaを国花と混同する人もいます。花の形、葉の形、偽球茎(バルブ)など明らかに違うのですが・・・・。

今年も独立記念日のパレードを見逃した・・・・。


436a Epidendrum turialvae

ラテン名: Epidendrum turialvae

436b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

唇弁に紫色が入ったバリエーションもあるのですが、未だに見たことがありません。ラテン名は発見されたエリア、Turrialba(トゥリアルバ)に因んで?しかしrが一つ足りません。また。bがvになっています。 

560a Specklinia turrialbae endemic

ラテン名: Specklinia turrialbae(固有種)

560b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

こちらは発見されたエリア、Turrialba(トゥリアルバ)に因んで令名されたと思います。それだけに上で紹介したEpidendrum turialvaeの名前に関しては、謎が深まるばかりです。

トゥリアルバにあるロッジで、欧米のバーダーを対象に、ガイドをしていた時期があります。当時は、野鳥にしか興味がない人間でした。その頃から蘭探しをしていたら・・・・、と後悔しています。

絶え間なく吹く強風で、撮影には非常に苦労した記憶があります。花の大きさは五ミリほどあります。

531a Jacquiniella standleyi

ラテン名: Jacquiniella standleyi

531b.jpg

こんな感じで、咲いていました。

ジャククイニエラ属はお世辞にも綺麗とは思えませんが、この種は割と蘭っぽく見えます。盗掘の対象にならないと思うので、蘭にとっては幸せではないでしょうか。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


関連記事
    
2019/09/19

アカハシムナフチュウハシ こんなに食べられないって!

IMG_2895.jpg

IMG_2891.jpg

去年の一月、旅行中に撮影しました。妻と息子は歩き疲れて宿に戻り、私だけ近くの保護区で散策していました。

怪しい空模様になり、迎えに来てもらうことにしました。保護区の出口近くに屋根付きのバス停があったので、そこで休憩がてら待つことに。

しばらくすると、道路の反対側にあるヤシに、アカハシムナフチュウハシが飛来しました。夢中になって食べてましたが、満腹になったのか、飛び去りました。

数分後に妻と息子が到着し、撮影した画像を見せました。息子は撮影できなかったことを、非常に悔しがっていました。よしよし(,^^)/(T-T)うるうる

キャノンEOS7D+キャノンEF70-300mm F4-5.6 IS USMで撮影

追記: 「このブログの評価」を使用されて、時折コメントをいただきます。そのコメントに対して、私からは返信できないシステムになっています。ですが、コメントはかならず拝見させていただいています。ご訪問、拍手ポチッ、コメントありがとうございます。

関連記事
    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/